VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

「PS VRの値段は誤解生む」HTC幹部がチクリ カメラやコントローラー別売りを問題視 - VR Inside

「PS VRの値段は誤解生む」HTC幹部がチクリ カメラやコントローラー別売りを問題視

      2017/03/20

20160811npsvrprice

10月13日にいよいよ販売が開始される「PlayStation VR(以下、PS VR」。他社のハイエンドVRヘッドセットよりもかなり安い価格で登場したPS VRは、現時点で多くのゲーマーから好意的に受け入れられています。しかしすでに「HTC Vive」をリリースしているHTCの幹部からは、「PS VRの価格は一見安いが、誤解を生む」などの指摘もあがっているようです。

今回の発言は、HTCの中国方面VR責任者のAlvin Wang Graylin氏が行ったもの。それによると、「PS VRの価格は399ユーロ(日本では4万4980円)と一見安価だが、これは誤解を生む」としています。その理由として、PS VRの基本セットはPlayStation Cameraを含まず、またモーションコントローラーも含まれていません。特にPlayStation Cameraはモーショントラッキングに必須で、これ無しでのプレイは考えられません。

なお、PS VRのPlayStation Camera同梱セットとモーションコントローラーを2本購入すると、全部で約6万円ほどの出費となります。ソニーはPS VRだけの基本セットを用意した理由として「多くのプレーヤーがPlayStation Cameraやモーションコントローラーを所有しているため」と語っていますが、PS VRの価格や必要システムが複雑なものになっているのは確かです。

20160811npsvrprice2

また、Graylin氏はモーションコントローラーが6年も前に登場した製品であることも指摘しています。そのため、PS VRでは快適な体験が楽しめなかったそうです。確かにモーションコントローラーは任天堂の「Wii」に対抗するために作られたプロダクトで、最新のVRヘッドセットにふさわしいコントローラーかと言われると、若干力不足感はあります。

しかしたとえPS VRのフルシステムが約6万円だとしても、10万円近いOculus RiftやHTC Viveに比べればかなり安価なのも確か。はたして安価でゲームに特化したPS VRが有利なのか、それともゲームを含めたPCプラットフォームで戦うOculus RiftやHTC Viveが勝るのか…その答えはまだまだ出そうにありませんね!

参照元URL:https://www.vrfocus.com/2016/08/psvr-price-may-seem-economical-for-users-but-is-misleading-states-htc-china-president/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

塚本直樹

Writer: ジャーナリストとして常にテック企業のイノベーションやスタートアップ企業のプロダクトを追い続けている。 VR業界はこれからガジェット業界で最も伸びる分野、得意とする情報収集を生かして、VRに関する最新ニュースを漏れなくお届けします。 塚本直樹ツイッターアカウントはこちら

 関連記事