VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

48K超高精細モバイルVRアプリの作成を可能に!InstaVR、オートデスク製品との互換性を実現  - VR Inside

48K超高精細モバイルVRアプリの作成を可能に!InstaVR、オートデスク製品との互換性を実現 

   

InstaVR株式会社(代表取締役:芳賀 洋行、本社:東京都中央区、以下「InstaVR」)は、2016年12月20日より、独自開発の新技術による超高精細 3Dキューブマップ 360度画像のサポート、および、オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、以下「オートデスク」)の3Dキューブマップ360度画像が出力可能な製品との互換性の提供を開始したことを発表した。

img_118248_1

超高精細3Dキューブマップ360度画像

※以下、ニュースリリースより転載

これまでモバイルVRで扱える360度画像の最大解像度は4K (4,096ピクセル)程度が限界とされており、没入感を妨げる大きな要因になっていました。InstaVRはこの限界の12倍に当たる48K(49,152ピクセル)の超高精細3Dキューブマップ360度画像をモバイルVRアプリに利用する新技術を開発・実用化し、InstaVRの機能として提供を開始いたしました。

さらに、InstaVRでは、3Dキューブマップ360度画像を出力可能なオートデスク製品との互換性を持たせることも可能にいたしました。3Dキューブマップ新技術とオートデスク製品との互換性により、InstaVRユーザーは、3DCGを使用した非常に高精細なVRアプリを約5分で作成できるようになります。

360度カメラなどで撮影される360度全天球パノラマ画像には、画像の底部と頂部に歪みが発生しデータ量が増えてしまう、データ量が立方体よりも数十倍大きい球体に貼り付ける必要がある、画像が一連なりになっているため切り出しが難しい、という問題がありました。この問題を解決するのが立方体型にデータを配置した3Dキューブマップ360度画像です。

オートデスク社はクラウドレンダリングソリューション、Autodesk(R) A360をはじめとして3Dモデリングアニメーション レンダリングソフトウェア、Autodesk 3ds Max(R)、Autodesk Maya(R)など多数の3Dキューブマップ360度画像への出力機能を備えている製品を提供しています。しかしながら、3Dキューブマップ360度画像を直接読み込めるVRアプリ制作ツールが存在しておらず、3Dキューブマップ360度画像を使った高精細なVRアプリを作成するには非常にコストおよび数週間以上の工数を必要としていました。

今回InstaVRが超高精細3Dキューブマップ360度画像の直接読み込みに対応したことにより、オートデスクユーザーはオートデスク製品の機能を使って既存の3D資産を3Dキューブマップ360度画像として書き出すだけで、InstaVR上でシーン間の移動や空間への情報埋め込み、BGM、ナレーションなどのインタラクティブ機能を追加し、ワンクリックでiOS / Android / GearVR / Webなど、さまざまなVRプラットフォームに配信することができるようになりました。

InstaVRではこの新技術および互換性を2016年12月21日(水)オートデスク社主催の「Meet the Experts オートデスク ウェビナー:Virtual Reality (VR) コンテンツの制作手法 A to Z」にて紹介いたします。本ウェビナーにはInstaVR代表取締役、芳賀がゲスト・スピーカーとして登壇いたします。ウェビナーには以下URLから事前登録可能になっております。

Virtual Reality (VR) コンテンツの制作手法 A to Z
~オートデスク VR ソリューションのご紹介/5分でインタラクティブVRアプリを作成する方法~
http://area.autodesk.jp/event/webinar/vr_atoz/

【InstaVR】
http://instavr.co/
InstaVRはVR作成 / 配信 / 分析が行えるクラウドCMSです。高度なVRアプリの作成を特別なノウハウ無しに短納期で行うことができます。顧客転換まで可能なVR体験を360度(全天球)画像/動画を使って簡単に作成し、iOS / Android / GearVR / Webなど幅広い端末に1クリックでアプリとして配信することができます。利用者の注視点をヒートマップで分析しレポートする機能も同梱しています。
活用事例としては米スミソニアン博物館のVR体験など国内外の7,000社に採用されています。
(2016年12月現在)(敬称略)

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

 関連記事