VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ニュージーランド航空、MRデバイス「HoloLens」を使った機内サービスの未来を研究中 - VR Inside

ニュージーランド航空、MRデバイス「HoloLens」を使った機内サービスの未来を研究中

     

「HoloLens」を装着した実験で、乗客に対応する客室乗務員

「HoloLens」を装着した実験で、乗客に対応する客室乗務員

ニュージーランド航空は、テクノロジーがもたらす未来型機内サービスを研究・開発中であるとし、今回、「Microsoft HoloLens」を使ったユニークなソフトウェアの開発についてその一部を公開した。

「Microsoft HoloLens」を使った未来型機内サービスを研究・開発

ニュージーランド航空は、情報技術サービスプロバイダであるディメンション・データ社と協力し、マイクロソフト社のMR(複合現実)ビューア「Microsoft HoloLens」(以下、「HoloLens」)を使ったユニークなソフトウェアの開発を進めている。

機内で客室乗務員がこのゴーグル型端末を装着すると、接客している乗客のさまざまな情報が集約され、ゴーグル内に表示される仕組みとなっている。

取り扱われるデータとして、一例として、その乗客の好みの食事や飲み物、旅程、会員情報詳細などの表示が可能としている。

また、視覚及び聴覚情報を通じて、乗客の気持ちを参照できる機能もあるとのことだ。

ニュージーランド航空のチーフ・デジタル・オフィサー(CDO)アヴィ・ゴラン氏は、同社が「HoloLens」のように新しく公開された技術を、積極的に試す企業文化を育んできたとして、次のように述べている。

「このソフトウェア開発はパートナー企業と協力したプロジェクトの一つで、テクノロジーによって、私たちのパフォーマンスが向上し、個々のお客様のニーズに合わせたサービスをご提供することができ、顧客満足度を高められるということが分かりました」

さらに、このソフトウェアの活用により、客室乗務員業務のペーパーレス化を推進することもできるため、環境面での貢献も期待できるとしている。

ニュージーランド航空は、さまざまなパートナー企業と協働し、イノベーションにおいて世界各地で高く評価されている。

近年は顧客満足度向上のために、数多くの革新的な事例を導入している。

ニュージーランド航空が「HoloLens」を実験的に使用したビデオは、以下で視聴することが可能となっている。

https://airnz.sharefile.com/d-s6aa455a321f4144a

※本件は、2017年5月17日にニュージーランドで発表されている内容。

ニュージーランド航空について

ニュージーランド航空は、1940年に設立された国際航空会社。

ニュージーランド国内をはじめ、アジア太平洋を含む18ヶ国50都市以上への直行便を運航し、スターアライアンスに加盟している。

日本からニュージーランドへ直行便を運航する唯一の航空会社となっている。

同社は、AirlineRatings.comの「エアライン・オブ・ザ・イヤー」(2014年から4年連続)や、2017年に新設されたトリップアドバイザー「トラベラーズチョイス™ 世界の人気エアライン2017」をはじめ、毎年数々の賞を受賞しており、安全性、定時性、サービスのクオリティ、環境への配慮など様々な面で高い評価を受けている。

公式ホームページ: http://www.airnewzealand.jp

Facebook:https://www.facebook.com/AirNZJP

参照元:ニュースリリース

過去の「HoloLens」に関する記事

HoloLensのビジネス活用事例多数 "ALL engineers" 向けイベント「de:code 2017」、MR領域にフォーカスしてご紹介

5月23日(火)~5月24日(水)に渡り、開催される日本マイクロソフト社主催の開発者向けイベント「de:code 2017」。今年はAIやIoT、モバイルなど全11トラック、150セッションで構成されているが、特にAI、そして" Mixed Reality "分野をイベントの柱として置いている。
Mixed Realityと言えば、昨今日本でも話題のMRデバイス「HoloLens」。日本でも昨年、12月よりプレオーダーを開始し、既に出荷も行っている同デバイスだが、日本の開発者達の熱はとにかく高いという記事。

HoloLensを初めとするMRデバイスが続々登場!発表済みのMRヘッドマウントディスプレイをまとめてご紹介

MicrosoftがHoloLensを発売し、MRに力を入れています。これはHoloLensのみならず「Windows Mixed Reality」というプラットフォームを立ち上げ、サードパーティ製品で様々なメーカーからMRデバイスをリリースさせることでMRを盛り上げようと試みているようです。今回はそんなMicrosoftが推し進めることで急激に流行しそうなMRデバイスをまとめてみました。

日本初、小柳建設とマイクロソフトが『HoloLens』を活用した、「建設業の施工検査の効率化」プロジェクト開始

小柳建設株式会社と日本マイクロソフト株式会社は、Windows 10 を搭載した自己完結型ホログラフィック コンピューター「Microsoft HoloLens」を活用したプロジェクト「Holostruction」の推進において連携する事を発表したという記事。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当