VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRソーシャルアプリ「AltspaceVR」、DaydreamとAndroidに対応。10億人の潜在的ユーザー獲得か? - VR Inside

VRソーシャルアプリ「AltspaceVR」、DaydreamとAndroidに対応。10億人の潜在的ユーザー獲得か?

   

海外メディアUploadVRは、2017年2月19日の記事において、VRソーシャルアプリ「AltspaceVR」がDaydreamとAndroidに対応したことを報じた。

20170220_altspacevr_1

同メディアによれば、VRソーシャルアプリ「AltspaceVR」はこのほどDaydreamとAndroidに対応したことを発表した。Android対応に関しては、VRヘッドセットを使わずスマホのスクリーンのみで同アプリを体験できるように対応した。

同アプリはVR空間内でチャットしたり、ゲームをプレイできたりするのだが、今まではOculus Rift、VIVE、Gear VRに対応していた。このほどDaydreamとAndroidに対応したことで、同アプリはエントリーモデルからハイエンドモデルに至るまでのVRヘッドセットに対応したことになる。

Daydream Readyではない通常のAndroidでもVRソーシャル体験ができるようになったことは、非常に重要な意味をもつ。というのも、既存のAndroidスマホに対応することによって、VRソーシャル体験ができる潜在的なユーザーが桁違いに増えるからだ。

現在、全世界のスマホユーザーは20億人いると言われている。OS別にスマホユーザーを見ると、iOSとAndroidで全スマホ利用者の95%以上を占める。iOSとAndroidのそれぞれのシェアは国によって大きく異なるのだが(日本はiOSユーザーシェアが世界一高い)、仮にAndroidシェアを50%とした場合(実際はもう少し高いと思われる)、世界のAndroidユーザーは約10億人いることになる。

同VRアプリがAndroidに対応したことによって、10億人のスマホユーザーが(スマホディスプレイを介してではあるが)Oculus RiftやVIVEユーザーとライブでVR空間を共有できるようになったのだ。そして、もしかしたらその10億人のうちのわずかなユーザーが、真正のVRユーザーになるかも知れないのだ。VRユーザーとなるAndroidユーザーが1%だとしても、1,000万人のVRユーザーが誕生する計算になる。

無論、以上の試算は文字通り「皮算用」ではあるが、今後VRユーザーを増やしていくに当たっては、エントリーレベルにあたるスマホを活用したVR体験を充実させることが鍵となることは疑い得ない。

なお、Android版AltspaceVRはGoogle Playからダウンロードできるが、日本はまだ未対応地域となっている。

VRソーシャルアプリ「AltspaceVR」がDaydreamとAndroidに対応したことを報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/altspacevr-daydream-android/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事