VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

AMD、VRゲームにも対応した新グラフィックカードシリーズ「Radeon RX 500」をリリース! - VR Inside

AMD、VRゲームにも対応した新グラフィックカードシリーズ「Radeon RX 500」をリリース!

     

AMDが、向上したゲームパフォーマンス、ハイスピード、セカンドジェネレーションのPolarisアーキテクチャーを改良し、PCゲームのグラフィックが格段にアップグレードされるようになった、新グラフィックカードライン「Radeon RX 500」シリーズを発表した。

Radeon RX 500シリーズは、古いテクノロジーを使っていて、VRコンテンツを含む最新のゲームやディスプレイテクノロジーを楽しめていないPCゲーマーをターゲットとしている。

Radeon RX 500シリーズは魅力的な新テクノロジーと機能を兼ね備えたグラフィックカードだ。

Radeon RX 500シリーズの特徴

radeon-desktop-laptop

  • DirectX 12とVulkanの活用
    • Radeon RX 500シリーズはセカンドジェネレーションのPolarisアーキテクチャーを使い、稼働されている。
    • DirectX 12やVulkanなどの次世代APIをローレベルで使えるようにデザインされ、ゲームとVRコンテンツのための非同期コンピュートもハイクオリティで行える。
    • Radeon RX 500シリーズのGPUはハイクロックスピード、改良されたアイドリングでマルチモニターの効率を向上、ハードウェアの微調整を必要とするゲーマーのための細かなコントロールができるように改善されている。
  • リスポンスタイムが早く、より効率的、Radeon Chillでハイクラスなオペレーション
    • Radeon ChillはRadeon RX 500シリーズのための最先端のフレームレートコントローラーで、自動的にバックグラウンドで稼働し、マウスの動きが早く、ゲーマーのアクティビティがシーンでさかんなゲームでのフレームレートを制御する。
  • Radeon FreeSyncでスムーズなシャッターフリーゲームを
    • Radeon FreeSyncは幅広い種類のディスプレイに対応しており、スクリーンのひずみやインプットラグなどの不具合に悩まされることなく、スムーズなフレームレートをVRを含むゲームで楽しめる。
    • よりグラフィックのきれいなゲームを楽しみたい人には、FreeSync 2 モニターがローレイテンシー、高光度のピクセル、最良のブラックレベル、広範囲の色域で、ハイダイナミックレンジ(HDR)コンテンツをディスプレイできる。
    • さらに、ローフレームレートコンペンセーション(LFC)機能がフレームレートがリフレッシュレートを下回ったときでも、シャッターフリーゲーミングを可能にする。
  • Radeon ReLiveでゲームプレイを撮影し、ストリーミングまたはシェア
    • Radeon RX 500シリーズはマーケットに出回っているほとんどのレコーディング、カスタマイズ、シェアコンテンツ、プラットフォームに対応している。
    • Radeon ReLiveソフトウェアはスムーズなゲーミングとレコーディングが同時に行える。
    • HEVCとH.264を使い、30または60 FPSで、4K画質の撮影が可能で、人気のゲームストリーミングプラットフォームにも対応している。

    Radeonシリーズは全てのゲーマーに好きなゲームを最新のグラフィックテクノロジーで楽しめる機会を提供することができる。

    ハイパフォーマンス、革新的なゲームプレイキャプチャーソフトウェア、レイテンシーテクノロジー、ゲーム開始時のDay 0 ドライバーサポート、Radeon Chillなどのイノベーティブな機能が充実し、アップグレードを辛抱強く待っていたゲーマーの人達を満足させることができるだろう。

    Radeon RX 500シリーズ ラインナップ

    -relive-desktop-player

    Radeon RX 500シリーズには様々なゲーマーのニーズに合わせた幅広い種類のグラフィックカードが用意されている。

  • Radeon RX 580: スムーズな1440pゲーミング向け
    • Radeon RX 580はRadeon R9 380Xと比べて、パフォーマンスが最大57%アップし、トリプルAゲームまたはVRコンテンツのスムーズなゲーミングを提供。
    • Radeon RX 580 8GNB GDDR 5 グラフィックカードが$299(約32600円)
    • Radeon™ RX 580 4GB GDDR5 グラフィックカードが$199(約21700円)
  • Radeon RX 570: 最大1080pでのゲーミング
    • GDDR5 メモリーの4GBで、Radeon RX 570はRadeon R7 370と比べてパフォーマンスの平均が2.3倍にアップした。
    • 価格は$169(約18400円)
  • Radeon RX 560: 効率的な1080p ゲーミング
    • 2GBのGDDR5 メモリーで、Radeon RX 560はRadeon R7 360と比べて、57%パフォーマンスが向上、流れるようなスムーズなゲーム体験が可能に。
    • 価格は$99(約10800円)
  • Radeon RX 550: PCゲーム初心者向け
    • 2GB GDDR5 メモリー搭載で、Radeon RX 550はパフォーマンスが最大4倍になり、Radeon R7 250と比べても1.7倍のパフォーマンスになった。
    • 価格は$79(約8600円)
    • Radeon RX 550はホームシアターPCとしても最適で、HDMI 4K60にも対応しており、4K プレイバックとHEVC コンテンツにも対応。
    • HDRにも対応し、Radeon FreeSync 2 テクノロジーサポートもあり、スムーズでゆがみのないゲーム体験を実現し、初心者向きだ。

    Radeon RX 500シリーズ 販売情報

    Radeon RX 580

    Radeon RX 580と570グラフィックカードはすでに発売中で、Radeon RX 550グラフィックカードは本日から世界中のリテーラーで発売が開始された。

    Radeon RX 560は5月にリリースされる予定だ。

    日本では以下の店舗でRadeon RX 500シリーズのプロダクトが販売される。

    • Pasokon Koubou (RX 570)
    • Pasokon Koubou (RX 580)
    • Dospara (RX 570)
    • Dospara (RX 580)
    • ARK
    • ARK (Sapphire)
    • ARK (Gigabyte)
    • PC Ones (RX 570)
    • PC Ones (RX 580)
    • PC Ones (Sapphire)
    • PC Ones (Gigabyte)
    • Applied (店内販売が中心の店舗)

    Radeon RX 500シリーズに関する情報はこちらのAMD公式ウェブサイトから。

    参照元URL: https://www.amd.com/en/where-to-buy/radeon-rx500

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    TwitterでVRInsideをフォローしよう!

    kaho

    Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。