VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Appleの特許技術はARオブジェクトを現実らしく表示する - VR Inside

Appleの特許技術はARオブジェクトを現実らしく表示する

     

Appleの新技術が判明

AppleがどんなVR関連技術を開発しているのか(あるいは何も開発していないのか?)については何も分かっていない。

だが、同社がVR技術以上にAR技術に対して興味を持っていることは明らかだ。

CEOのTim CookはARがまだ十分に理解されていないとしながらも、そのポテンシャルを高く評価している。さらに、iPhoneへのAR機能搭載を予感させる特許技術が判明したりもしている。

今回、Upload VRがARに関わるAppleの新たな特許書類を取り上げた。書類に使用されている図を見ると、この技術はARで家具を表示するようなアプリケーションでの利用を想定したものらしい。

リアルの環境にバーチャルなオブジェクトを表示する

特許書類に使用されている図

この特許は、「現実の世界にバーチャルなオブジェクトを重ねて表示するメソッドとデバイス」に関するものだ。この技術は、一部のARアプリで表示するオブジェクトが抱える奇妙な効果を解消してくれるかもしれない。

ARの利用例としては、ARグラスのようなデバイスで視界に情報を表示しておく、というものがある。業務中にマニュアルを表示したままであれば、うっかりミスも減らせるだろう。工場の作業員などにとっては便利になるはずだ。

あるいは、リアルでの行動をサポートするような情報を表示することも考えられる。汚れている場所を把握できる清掃会社のシステムは、ARならではだ。

こうしたアプリが表示するARオブジェクトは、常に視界の一番手前にあるべきだ。現実に重ねる形で情報を表示できるというARの利点を活かすためには、見えなくならないようにしなくてはならない。

だが、家具を配置するシミュレーションができるARアプリの場合はそうではない。他の家具や壁にめり込む形で表示されてしまっていては、模様替えの参考にはならないだろう。

現実に存在する他の家具との位置関係を考えるために、リアルなオブジェクトとバーチャルなオブジェクトが相互作用してくれた方が使い勝手が良くなるはずだ。

iPhoneにAR機能が搭載される?

Appleの技術は、これを実現する。現実にある物体よりも奥にバーチャルなオブジェクトがある場合、その一部が隠れた形で表示されるようだ。

この方法では、「記録デバイス」によって現実の環境を2Dイメージとして記録する。これを基準としてバーチャルオブジェクトと合成することで、ARを利用して表示するオブジェクトと、現実に存在する物体との重なりを認識できるようになる。

ここで言及されている「記録デバイス」がどのようなものなのか、詳細は記されていない。

現在のiPhoneにはAR機能が存在しないが、既にARデバイスとしてスマートフォンを使っている例はある。Google Tangoで使われているようなセンサーが搭載されればiPhoneを「記録デバイス」として用いることができるだろう。

AppleがARメガネを開発している(そして、その発売はかなり先のことになる)といった噂も出てきてはいるものの、初めてAppleが自社のAR技術を搭載する製品がiPhoneになる可能性はかなり高い。

iPhoneに使用しているGPUを自社製のオリジナルへ切り替えようという動きを見せたことで、新しいチップセットはARやVRといった技術に対応しているのではないか、という期待も高まった。

ARの奥行きで実現すること

ポケモンGO

モンスターが常に最前面にいることもなくなる?

Appleの技術は、ARに奥行きを追加するものと言えそうだ。

これまでのARアプリでは、常に一番手前にアプリの要素が表示されてしまっていた。

例えばポケモンGOならば、目の前に人がいたとしてもポケモンがその人物にかぶさって表示されてしまう。ゲームとして遊びやすい反面、違和感は拭えない。ポケモンがそこにいるというよりも、リアルな世界の上に無理やり配置しているという形だ。

だが、Appleの技術を使えば「草むらの奥からモンスターがちらりと見えている」といったシーンを再現できるかもしれない。これまで以上に自然に、背景の中にポケモンを溶け込ませることができるだろう。

この技術が活きるのは、ARで表示されるオブジェクトが隠れてしまっても良いか、隠れた方が良いアプリだ。ポケモンGOのようなARを使ったゲーム、家具の配置やキッチンのリフォームをシミュレーションできるモバイルARアプリなどが挙げられる。

反面、情報が隠れると困るARアプリでは使い所がない。医師が患者の状態を確認するためのアプリや、ドライバー用のナビゲーションアプリが表示する情報が隠れてしまっては意味がないからだ。

こう考えると、この技術はAppleがiPhoneにARを搭載しようと考えていることを裏付けているようにも読める。この技術は以前から噂されているApple Glassよりも、スマートフォンで使うARアプリに向いていそうだ。

 

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/apple-patent-ar-furniture/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。