VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

『ぐるモン』渋谷の街で”AR×GPS”で脱出イベントを開催! - VR Inside

『ぐるモン』渋谷の街で”AR×GPS”で脱出イベントを開催!

        2017/04/24

株式会社スクウェア・エニックスは、iOS/Android端末向けに現在配信中の位置情報RPGゲーム『ぐるモン』において、ARと脱出ゲームが融合したイベント「ぐる問100」~渋谷からの脱出~を2017年3月31日(金)から4月13日(木)の期間の間で開催すると発表をした。

img_125689_1

イベント概要

イベント期間中、プレイヤーたちは、「スカウト」ボタンを押した瞬間に、何者かの手によって「渋谷」に強制ワープさせられ、そして閉じ込められてしまう。

開いた地図上には、謎の問題が多く散りばめられており、プレイヤーたちは、地図上に記された全ての問題を解き、期間内に渋谷を脱出する必要がある。

地図上の問題を確認していくには、まず、渋谷地域に大量発生している「ぐるモン」たちを取り除く必要がある。

渋谷MAP上にある桜ハートを削って、ぐるモンを取り除きながら、MAPに隠された100の問題を解く事でイベントを進める事ができる。

プレイヤーの英知と団結力が必要になり、AR×脱出ゲームと新たな融合を行った、今までのゲームでは見たことがない画期的なイベントにになっている。

イベント専用のTwitterハッシュタグは「#ぐる問100」となっているので、Twitter上での協力も可能となる。

img_125689_4

また、イベント期間中は、渋谷に新たなぐるモンたちが発生しするようになっており、犬ぐるモン「ハチ公(CV:高木美佑)」や、お花見子狐ぐるモン「サクラキュウビ」(CV:山本彩乃/初美メアリ)を見つけたら、かなりレアーとなるので探してみてはどうか?

さらに同時イベントとして、超ガチャ限定ぐるモン「聖剣 エクスカリバー(CV:森嶋秀太)」、「霊剣 アメノハバキリ(CV:初美メアリ)」が登場すると公表されている。

 

イベント特設サイトURL: http://www.gurumon.jp/guru100.html

位置情報RPG『ぐるモン』とは

スクウェア・エニックスが初めて配信した位置情報系のRPGゲームである。

バージョン2.0リリースした後には、App Storeの無料ランキング及びロールプレイングゲームカテゴリーで、1位を獲得する人気のゲームアプリである。

プレイヤー自身は“選ばれし者”となって、現実世界を救うために、人の強い思いなどから生まれてくる“ぐるモン”たちと、一緒に冒険の旅にでる。

位置情報RPG『ぐるモン』には、ARモード、ジャイロ操作、位置情報機能といった様々な最新コンテンツが搭載されており、プレイヤーに新たなゲーム体験の提供を行っている。

ゲーム情報

img_125689_2

タイトル  : ぐるモン
対応機種  : iPhone、Android端末
ジャンル  : 位置情報RPG
価格    : アイテム課金制(基本プレイ無料)
2.0配信日 : 2017年3月9日
公式サイト : http://www.gurumon.jp/
App Store :
https://itunes.apple.com/jp/app/gurumon/id1135685065?l=ja&ls=1&mt=8
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.square_enix.android_googleplay.gurumonj
公式Twitterアカウント: https://twitter.com/gurumon_PR

権利表記:(C) 2016, 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

株式会社スクウェア・エニックスとは?

株式会社スクウェア・エニックスは、誰もが知る人気ゲームを多く開発・提供している、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツ/サービスのヒット作品を生み続けるリーディングカンパニーとなっている。

代表作には「ドラゴンクエスト」シリーズは、パッケージゲーム累計出荷本数7,000万本以上となり、最近ではスマホゲームでもAppStoreやGooglePlayのランキングの上位に位置しており、マルチプラットフォームで展開される人気作品となっている。

同シリーズの第一作となったドラゴンクエストⅠは、1986年にファミコンで発表され、当時は衝撃的なRPGゲームとして一大ブームを起こした作品であることは誰もが記憶になるのではないでしょうか?

更にファイナルファンタジーシリーズは、1億3,000万本以上の販売となり、ドラゴンクエスト同様スマホ版でも、多くのタイトルがリリースされており、スマホマーケットのランキングで常連となっている。その他、トゥームレイダーシリーズは、5,800万本以上、スペースインベーダーシリーズなども配信しており、ゲーム分野では世界的に人気タイトルを多く配信している企業である。

株式会社スクウェア・エニックス公式サイト

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら