VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

PSVR版『Arizona Sunshine』エイムコントローラー対応で6月に発売 - VR Inside

PSVR版『Arizona Sunshine』エイムコントローラー対応で6月に発売

     

Arizona Sunshine

2016年に最も売れたVRゲームの一つである『Arizona Sunshine』。ゾンビを撃っていくFPS自体はVR用のゲームとして珍しいものではないが、その中でも発売から一ヶ月で1,400万ドルを売り上げたという人気作だ。

発売後も、今年に入って歩いての移動が可能になる(発売時はテレポートによる移動だった)、3月にも追加マップが配信されるなど、頻繁にアップデートが行われている。この安心感も人気の理由かもしれない。

今まではHTC ViveやOculus RiftといったPCベースのヘッドセットでしかプレイできなかったこの作品だが、6月にPSVR版が登場することが明らかになった。

PSVRでゾンビだらけのアリゾナへ

Arziona Sunshine

Arizona Sunshineでは、プレイヤーはゾンビによる終末を生き抜くために銃や鈍器で戦わなければならない。そうは言っても、複雑なサバイバル要素のあるゲームではない。武器を使って、敵を倒し、銃弾を集めてはその銃弾を別の敵に撃ち込むというシンプルなシステムでシューターとして楽しめるようになっている。

PC版のArizona Sunshineは先日アップデートが行われ、テレポーテーションだけでなくトラックパッドを使った歩行による移動にも対応した。来月発売されるPSVR版では、VR体験者の好みに合わせてテレポートまたは歩行での移動を選択し、自由にフィールドを探索できる。決まった場所から敵を撃つだけのゲームではない。

マップの種類も豊富で、キャンペーンモードでは8つのレベルをたった一人で、もしくは友人とのCo-opモードで協力しながら生き延びなければならない。キツイ日差しの降り注ぐ荒野から暗い坑道まで、様々な環境でゾンビとの戦いが繰り広げられる。

キャンペーンでは物足りないという筋金入りのサバイバーには、エンドレスモードも用意されている。エンドレスモードでは、ひたすら襲ってくるゾンビの攻撃からできるだけ長く生き延びるために戦うことになる。

こちらにもマルチプレイモードが用意されており、協力プレイならば互いの死角を補うことができるだろう。ただし、プレイヤーが多ければそれだけゾンビも多くなるようだ。

エイムコントローラーのサポート

PSVR用のエイムコントローラー

PSVRゲームを操作する方法としては、Dualshock 4コントローラー(普通にPS4のコントローラーと言えばこれだ)か、PS Moveがある。

PSVR版のArizona SunshineはDualshock 4による操作だけでなくPS Moveにも対応している。これによって、VRの没入感をさらに高めることが可能だ。

PlayStation®VR シューティングコントローラー

また、PSVRゲームを操作するもう一つの方法がエイムコントローラーだ。ライフルのように構えることができるこの「PlayStation®VR シューティングコントローラー」は、2017年6月22日に発売が予定されている。

コントローラー単体の価格は5,980円、初の対応タイトルとなる『Farpoint』のシューティングコントローラー同梱版は8,900円で同時発売だ。いずれも数量限定とされており、発売直後にはPSVR本体のように品薄状態となってしまうことも考えられる。

この新しい操作方法に対応する最初のゲームはFarpointだが、他にも対応タイトルの登場が予告されている。

『Brookhaven Experiment』は6月にシューティングコントローラーに対応するためのアップデートが行われる予定だ。『Rom: Extraction』と『Dick Wilde』については日程が不明だが、いずれもシューティングコントローラーへの対応が発表されている。

PSVRで発売されるシューティングゲームでは、このコントローラーをサポートするのが標準になるかもしれない。

選べる操作方法

新しく発売されるシューティングコントローラーは、名前の通りシューティングゲームで使うことを想定してデザインされている。このデバイスを使えばDualshock 4やPS Moveよりも狙いを付けやすい反面、一つしか持てないという難点もある。

Arizona Sunshineでは二丁拳銃でのプレイが可能だが、左右の手に一つずつ持つハンドトラッキングコントローラーを使う場合と違ってシューティングコントローラーでは二丁拳銃の操作ができない。

武器を一つしか使えないという欠点は、射撃の正確性を高めることでカバーできるとされている。一つの武器を使う場合、クリティカルや部位破壊が発生する確率も高くなるようだ。

シューティングコントローラー必須ではないので、「馴染みがあって操作しやすいPS4のコントローラー」「二丁拳銃のPS Move」「正確に狙えるシューティングコントローラー」と好みの操作方法で楽しめる作品になるだろう。

 

参照元サイト名:Playstation.Blog
URL:https://blog.eu.playstation.com/2017/05/11/survive-the-zombie-apocalypse-in-ps-vrs-arizona-sunshine-out-june/#sf78169496
URL:https://uploadvr.com/heres-every-game-supports-psvrs-new-aim-controller/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。