VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

FPSゾンビゲーム『Arizona Sunshine』が3月7日のアップデートで新マップ追加 - VR Inside

FPSゾンビゲーム『Arizona Sunshine』が3月7日のアップデートで新マップ追加

     

Arizona-Sunshine

2016年12月に配信が開始されたOculus Rift、HTC社のVive対応のFPSゾンビゲーム『Arizona Sunshine』が、3月7日のアップデートで新マップが追加されることを、Vertigo Gamesが明らかにした。

『Arizona Sunshine』とは

『Arizona Sunshine』は、配信開始から一ヶ月で約1400万ドル(約15億9000万)の売り上げを記録した大ヒット作である。

このゲームは、他のFPSゾンビゲームよりも自由度が高いシューティングゲームで、世界滅亡後の荒れ果てた世界をプレイヤーは自由に動き回って武器を使いながらゾンビを倒し生き延びていくゲームだ。

弾薬は有限で、ゾンビを倒すことで補給できるため、弾がなくなったら鈍器などでゾンビを倒して弾を補給しなければならない。

こういったところからも自由度の高さをうかがえるだろう。

3月7日のアップデート

Vertigo Gamesが今週開催されたGame Developers Conference (GDC) 2017で、海外メディアのVR Focusに明言したことは、暗くてすすけた炭鉱のマップが3月7日のアップデートで追加されるということ。

プレイヤーは松明(たいまつ)を持ち、ほのかに光るプラットフォームと暗いトンネルを通り炭鉱を探索していく。

この炭鉱マップは3月7日火曜日のアップデート後に利用可能で、価格は無料である。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/03/free-multiplayer-map-coming-to-arizona-sunshine-next-week/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。