VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

そのポテンシャルはTango以上?世界中の開発者が公開したARKitデモ動画を紹介 - VR Inside

そのポテンシャルはTango以上?世界中の開発者が公開したARKitデモ動画を紹介

        2017/06/15

複数の海外メディアは、先日Appleが発表したARアプリ開発キット「ARKit」を使ったAR動画を紹介した。

20170614-arkit-1

スマホ文化の新次元を拓くARKitとは?

本メディアでもすでに報じたように、ARKitとはiPhoneやiPadに内蔵されたカメラとモーションセンサー、そして処理能力に優れたプロセッサを組み合わせてiOS上で動作するARアプリを構築するためのツールだ。

同キットを使えば、ARを使ったゲームや小売店舗での案内といった消費者向けのサービスはもちろん、工業や医療の現場で活用可能なARアプリケーションの開発が予想される。

ARKitを使ったARアプリが既存のそれと決定的に異なる点は、空間測量が可能であることだ。既存ARアプリは、「ポケモンGO」をプレイすればわかるように、スマホのカメラに表示されたリアルな空間にオブジェクトを重ねて表示しているだけだ。対して、ARKitを使ったARアプリでは、テーブルの上といった特定のリアルな世界の場所にARオブジェクトを表示することが可能なのだ。この「リアルな空間座標を指定したオブジェクト表示」によって、後に紹介するデモ動画を見るとわかるのだが、ユーザーが移動した後でもARオブジェクトが消えないような体験ができる。

ARKitと同等な空間認識機能をもったものとしてGoogleが開発したTangoがある。ただし、TangoはTango対応スマホでなければ使うことができず、肝心のTango対応スマホは現時点では「PHAB2 Pro」「ZenFone AR」と少数である。対して、ARKitは対応したiPhoneとiPadであれば動作可能なので、同ツールで開発したARアプリを使えるスマホはすでに世界に大量に存在していることになる。

そして、これから紹介するデモ動画を見るとわかるように、ARKitを使ったARアプリは本メディアで度々紹介してきたTangoを凌駕するグラフィック表現力をもっているのだ。

OverWatchのヒーローが部屋のなかに

はじめに紹介するデモ動画は、アクションゲーム「OverWatch」に登場するヒーロー「ウィドウメーカー」をリアルな部屋のなかに表示したものだ。

ヒーローのモデリングにはゲームエンジンUnityが使われているので、「ポケモンGO」のような平面的なグラフィックではなく、立体的に「まるでそこにいる」かのように描画されている。また、カラダが細かく動いているので実在感が増している。

テーブル上のモンスター

次の動画は、テーブルを空間認識している四角形とそのテーブル上で動くモンスターをAR表示したものだ。モンスターの動きは、意外に滑らかである。

リアル空間に固定された戦闘機

戦闘機をAR表示した上の動画は、ARKitの空間測量機能をわかりやすく伝えている。というのも、AR表示された飛行機が表示された部屋からほかの部屋に移動後、再び元の部屋に戻ると飛行機が表示されていることを確認できるからだ。こうしたことが可能となるためには、単にカメラに映ったリアルな空間にオブジェクトを表示しているのではなく、リアルな空間の座標を取得していることが求められる。それゆえ、この動画からARKitがリアルな空間の座標を認識していることが確認できる。

空間ペインティング

上のツイート動画では、ARKitを使えば「空間ペインティング」が可能であることを示している。すなわち、リアルな空間にVRペインティングアプリ「Tilt Brush」のように、立体的なペインティングを実行できるのだ。もっとも、そのようにして描かれたペインティングは、スマホのカメラを通してしか見ることができないが。

部屋のなかで海戦が

床に船をAR表示すれば、部屋のなかで海戦が起きているかのようなAR体験もできる。

ARハンドスピナー

もちろん流行のハンドスピナーをARオブジェクトとして表示することも可能だ。

以上のデモ動画からわかるように、ARKitによるAR体験は開発者のアイデア次第で魔法のような体験を可能とする。近い将来、こうしたARアプリが「当たり前」となると考えると、Appleこそが「モバイルAR市場」の覇者になっても驚くには値しないだろう。

Appleが発表したARアプリ開発プラットフォーム「ARKit」を使ったAR動画を紹介したRoadtoVRの記事
http://www.roadtovr.com/4-dev-demos-showing-off-apples-new-arkit-tracking/

Appleが発表したARアプリ開発プラットフォーム「ARKit」を使ったAR動画を紹介したTheVergeの記事
https://www.theverge.com/tldr/2017/6/9/15771772/ios-11-arkit-augmented-reality-examples-fidget-spinner

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com