VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

世界初のDaydream & Tango両対応のASUS製スマホ「ZenFone AR」の仕様が公開 - VR Inside

世界初のDaydream & Tango両対応のASUS製スマホ「ZenFone AR」の仕様が公開

     

今回はCES 2017にて世界初となるGoogle TangoとDaydream両対応のスマートフォンとして発表された「ZenFone AR」を紹介する。

Tangoは新しいARテクノロジーで、VRヘッドセットのDaydreamと合わせて、ZenFone ARはARとVR両方とも楽しめるスマートフォンとなる。

ZenFone AR

Spec

ZenFone ARは5.7インチAMOLEDディスプレイに、画質は2560×1440、カバーはGorilla Glass 4が使われている。

design

TriCam System

ZenFone ARは三つのカメラで構成されるTriCamシステムが内蔵されており、モーショントラッキング、デプスセンシング、高画質23MPの三つのカメラで周りの環境の3Dモデルを制作したり、動きをトラックしたりできる。

モーショントラッキングカメラが場所や動きを感知し、赤外線プロジェクターが付いたデプスセンシングカメラがものともの距離などの深さをはかり、高画質23MPカメラでバーチャルも現実世界の環境もきれいに画面に映し、Tangoと一緒に使えば、ハイクオリティのARが楽しめる。

tricam-system

Utility

ZenFone ARではiStaging、Lowes、Matterport Scenes、Measure、WayfairViewなどのARの特徴を活かしたツールがたくさん用意されている。

例えば、iStagingでは部屋の計測をスマートフォンでし、バーチャルで家具の配置などのシミュレーションができる。

ソファなど重い家具でも、バーチャル空間なら簡単に動せる。

utility

Entertainment

ZenFone ARはツールの他にも、ARを活かしたゲームが豊富で、Crayola Color Blaster、Domino World、HotWheel's、Raise、Slingshot Island、Wild Wild Race、Woorldなどバーチャルと現実世界を融合したゲームが楽しめる。

バーチャルペットと遊んだり、友達とのジャングルレースが机の上でできたりなどのゲームが遊べる。

entertainment

Performance

ZenFone ARはTangoのパフォーマンスを最適化するために特別に開発されており、Qualcomm Snapdragon 821プロセッサー搭載の超高速パフォーマンスのスマートフォンで、Tango ARとDaydream VRに最適だ。

世界初8GB RAMとデスクトップクラスのQualcomm Adreno 530グラフィックプロセシングユニット(GPU)も搭載しており、最高のグラフィックパフォーマンスを実現している。

さらに最先端の蒸発冷却システムがCPUとGPUを支えている。

performance

SonicMaster 3.0

ZenFone ARにはSonicMaster 3.0というサウンドテクノロジーが搭載、NXP Smart AMPの新5マグネットスピーカーがハイボリュームアウトプットを可能にし、24-bit/192kHzまたは4x CD qualityと同等のハイクオリティオーディオが可能になった。

DTS Headphone:Xと使えば7.1チャンネルバーチャルサラウンドの高音質が楽しめる。

sonicmaster

PixelMaster 3.0

ZenFone ARはTriCamシステムの一部である23MPカメラが付いており、 f/2.0口径レンズと0.03秒のTriTechオートフォーカスで超高画質な写真がどんなライトコンディションでも撮影できる。

動画は4Kのハイクオリティ撮影が可能だ。

pixelmaster

ZenFone ARプロダクトビデオ

参照元URL: https://www.asus.com/Phone/ZenFone-AR-ZS571KL/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。