VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

AT&TがRed BullのF1カーのAR展示をMWCで実施した。AR展示にはHoloLensを利用 - VR Inside

AT&TがRed BullのF1カーのAR展示をMWCで実施した。AR展示にはHoloLensを利用

     

hololens

AT&TがMobile World Congress (MWC)で、HoloLensを利用したデモンストレーションを行った。

HoloLensを利用した内容

AT&TがMWCで行ったAR体験は以下の二つのデモンストレーションである。

・Red BullのF1カーの説明
・「Connected Car」と呼ばれるサービス

Red BullのF1カー

AT&Tの展示会でデモンストレーションされたのは、Red BullのF1カー(フォーミュラ1カー)を説明するAR体験である。

その内容とは、実物のRed BullのF1カーの頭上を、バーチャルで再現された同様のF1カーが分解され、部品の説明などが行われたというもの。

この際のプレゼンテーションでAT&Tが明らかにしたことは、走行場(サーキット)にいるF1チームからエンジニアのところまで、リアルタイムでデータを送ることができるインフラを、AT&Tは提供していくということである。

「Connected Car」

また、AT&TはMWCで「Connected Car」と呼ばれるサービスの展示にHoloLensを利用した。

「Connected Car」とは、道路の氷結や、事故による急なルート変更などの危険を、車と車同士を繋げることで通知し合えるようになるサービスである。

この説明を、ARによるホログラムを利用して都市を行きかう車を再現することで、AT&Tはわかりやすくデモンストレーションした。

サービスの説明に加え、このサービスがいかに都市のインフラを向上させるかも言及した。

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/03/att-user-hololens-ar-for-connected-car-and-red-bull-racing-presentations-at-mwc/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。