VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

アウディVR テクノロジー体験イベントを「モーターファンフェスタ」で実施! - VR Inside

アウディVR テクノロジー体験イベントを「モーターファンフェスタ」で実施!

     

テクノロジー体験イベントをで実施

アウディ ジャパン株式会社は、4月30日(日)、富士スピードウェイで開催される「モーターファンフェスタ」のアウディピットにおいて、クルマを置かないバーチャル空間「Audi VR(バーチャル リアリティ)テクノロジー体験イベント」を実施すると発表した。

Audi Japan Press Center: https://www.audi-press.jp/

AudiがVRテクノロジー体験イベントを開催

アウディ ジャパンは、先に2月25日(土)、26日(日)に三井アウトレットパーク木更津、3月4日(土)、5日(日)に神戸三田プレミアム・アウトレットにて同様のVR体験イベントを実施し、好評を得ていたが、今回、2万人以上の来場が見込まれる「モーターファンフェスタ」において、来場者に同様の体験の機会を提供するということだ。

Audi VRテクノロジー体験イベントでは、ドイツで開発されたVRヘッドセットを装着し、かつてないリアリティでディテールに至るまでアウディモデルの仮想体験をすることができるとのことだ。

興味のあるモデルを好みの仕様に変え、仮想空間上で確認することができるという。

クルマの周囲をめぐったり、運転席や助手席に座ったり、インテリアの各部分を間近に観察することも可能とのことだ。

エンジンルームの中を覗き見る、といった特別な体験をすることもできるという。

Audi VRテクノロジー体験のデバイスセットには高性能VRヘッドセットであるHTC Vive とトラッキングシステムが組み合わされているということだ。

このVRテクノロジーはドイツ ミュンヘン空港のコーポレートショールーム「my Audi Sphere(マイ アウディ スフィア)」で展開している、最新のVRテクノロジー施策の一つ「Audi Walking VR experience」を日本向けにアレンジしたものとのことだ。

アウディ ジャパンでは、この最新VR技術をより多くの人が体験できるよう、今後同様の体験の機会を提供していくということだ。

なお、「モーターファンフェスト」のアウディピットでは、Audi R8 V10 plusと新型Audi TT RSの展示を行うほか、来場者向けの試乗会では新型Audi A3 Sedan quattro, 新型Audi S3、新型Audi S4, Audi TT Coupéの試乗も可能とのこと。

また、Audi Team HitotsuyamaからAudi R8 LMSでSuperGTのGT300クラスに参戦しているレーシングドライバーのリチャード ライアン選手によるAudi R8 V10 plusのデモ走行も予定しているとのことだ。

モーターファンフェスタ 2017

日時:2017年4月30日(日) 8:00~18:00(http://motorfanfesta.com/

会場:富士スピードウェイ 入場無料 (前売り駐車券 2,500円、当日駐車券 3,000円)

VR体験は、バドックエリアのアウディピット内にて実施

参照元:ニュースリリース

モーターファンフェスタとは?

"試乗"最大の「クルママツリ」だ。

様々な車の展示や試乗、エキシビジョンが行われる。

過去のVR(バーチャル リアリティ)に関する記事

今さら聞けない!?VR(バーチャルリアリティ)とは?

VRとは何なのか?VRがもたらす可能性は何なのか?難しい言葉を使わないようにして、なるべくわかりやすくVRをまとめた記事。

VR・ARが間違って進化すると、空前の監視社会を実現する?

アメリカ・ニューヨークでテクノロジーが未来に与える影響を討論するカンファレンスversions2017が開催されたという記事。

同イベントの討論では、ARの進化が、プライバシーを裸にする可能性が指摘された。

過去の「VRヘッドセット」に関する記事

Facebook、年次総会「F8」において開発中のスタンドアローン型VRヘッドセットを公開か?

4月18日と19日に開催しているFacebookの年次総会「F8」において、同社が開発中のスタンドアローン型VRヘッドセットが公開されるという情報がリークしたという記事。

VRヘッドセットの画質は「視野角あたりの画素密度」で考えるべき

海外メディアRoadtoVRは、2017年4月10日の記事において、VRヘッドセットの画質に関する考察記事を掲載したという記事。

Doelの入門用VRヘッドセットはAndroid内蔵でスマートフォン不要

インドのメーカー、Doelがスマートフォンを使わずにモバイルVRヘッドセットのような機能を実現する、Android搭載のデバイス、安価なオールインワンVRヘッドセットVR506を販売しているという記事。

布地を活かした優しいVRヘッドセットデザインの提案

韓国のデザイナーが布素材を使った曲線のデザインのVRヘッドセットのプロダクトデザインを公開したという記事。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当