VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

業界最安値か??単価 100 円以下のVRゴーグル「Auggle S」が販売開始 - VR Inside

業界最安値か??単価 100 円以下のVRゴーグル「Auggle S」が販売開始

        2017/04/24

大村印刷株式会社は、配布に最適な低価格のスマホ向け VR ゴーグル「Auggle S(オーグル エス)」の販売を開始したと発表した。

main
VR元年と言われた2016年、スマホ向け紙製VRゴーグルの登場により、消費者にとVRの距離は縮まったが、販促やノベルティとして多数の消費者に配布するには、まだまだ単価の高いプロモーションツールであると大村印刷は考え、オリジナルデザインでの印刷も含め1個100円以下で提供可能な、低価格の スマホ向け紙製VRゴーグルを実現したとしてり、年内に300万個の出荷を目指していると発表している。

Auggle S の主な特徴

 低価格ながらも没入感は損なわない形状

1-1

1-2-1

上下左右、全て遮られる構造で、低価格でも没入感はそのまま。

組立が簡単

2-1-1

A4シート1枚に収まる、シンプルな構造で、女性やお子様、工作が苦手な方にも組立てやすい作り。

1 眼レンズ

3-1-1

1眼レンズを採用し、3D 酔いもなく、小さな子供でも安心して、VR体験が楽しめる。

100円以下の単価は、ロット 3,000 個の場合 を想定

販売の経緯

大村印刷から、本ニュースがリリースされて、業界ないでも話題になっているようであったので、担当者に話を伺ってみた。

実際にプレスリリースが出た後、問合せなど含めて反響はかなりあり、手応えは感じているようである。

そもそも、何故このような単価で販売することが可能になったのか?を聞いたとこと、大村印刷は随分前から「Auggle」と言うVRゴーグルの販売を進めていた、かなり早期の参入のようである。

大村印刷としてVRゴーグル初号機とも言える「Auggle」は、早期参入であっこともあり、当初かなり引き合いも多かったようである。

その引き合いの中で、数千を越えるロット数の依頼もあったが、納期と価格で請けきれなく取りこぼしたものも多かったという。

なので、その辺りの過去のロット数✕単価✕納期を、クリアーできる製品を開発してリベンジしたい思いが強く、実際に開発が進められた。

その課題から色々と試行錯誤して開発したのが、「Auggle S」になる。

実際にふれさせてもらいましたが、組み立てもシンプルで誰でも簡単に行える、更にダンボールではないので、耐久性が悪いのかと思ったが、触っている感じでは、そこもクリアーしているように感じた。

更に、単眼を採用しているのもポイントようである、子供向けにも利用可能である事も想像できる。

この単価にできたのは、はやり印刷屋だからこそできる技だと思いましたが、理由は、3,000 個で100円を切り70円~80円というのは、宣伝などでゴーグル自体をラッピングする費用も入っているというから驚きである。

これから、本当にバラマキ的なキャンペーンを行っても、費用対効果があう可能性がある案件も多くなるのではないでしょうか?

大村印刷とは?

大正10年から続く印刷業界の老舗企業である。

現在では、企画からクリエイティブの提案から印刷までワンストップで提案する企業であり、全国に多く支店を展開する企業となっている。

事業内容はこちらから

従業員:330人

本社:山口県

企業法務ページ:https://www.omura.co.jp/

他VRゴーグル紹介

Gear VR

サムスン社から提供されている、スマホgalaxyシリーズ専用のVRゴーグルで、Oculus社との共同開発となっている。

メーカー samsung
プラットフォーム 一部のAndroidスマートフォン(Galaxy S6、 Galaxy S6 edge )
重量 約318g
トラッキング ジャイロセンサー、加速度センサー、近接センサー
公式サイト http://www.samsung.com/jp/product/gearvr/
発売日 2015年11月27日
価格 14,600 円(税込)
購入リンク http://amzn.to/1SCUIFs

Gear VR紹介ページ

Milbox

WHITE社が独自に開発した、VRゴーグルの外から「スクロール、スワイプ、タップ」 などの入力操作ができる端末である。

最近では、プロモーションようのプランなども提供し、ダンボール型のVRゴーグルとしては、PRの強みを全面に打ち出している。

メーカー 株式会社WHITE
プラットフォーム スマートフォン(iPhone、Android、Windowsフォンの3.0- 6 インチサイズに対応)
重量 63 g
公式サイト http://milbox.tokyo/
発売日 発売中
価格 2500円
購入リンク https://www.amazon.co.jp/dp/B01EAKXE8K/

関連記事

スマホVRゴーグル『 MilboxTouch』がヨドバシカメラで取扱開始

リンクスインターナショナル、「MilboxTouch」のWHITEと販売代理店契約締結

「Milbox」提供のWHITEとスパイスボックス 、FASHION TECH STUDIO「D&W」を設立。

Milbox紹介ページ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら