VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

化学療法を受ける子供とVR - VR Inside

化学療法を受ける子供とVR

     

VRゲームをしながら治療を受ける

大人でも病院が苦手だという人は少なくないが、子供ならばなおさらだ。健康な子供ならば病院に行く機会は多くないが、がんのような難しい病気を抱える子供たちは頻繁に病院を訪れて時間のかかる治療を受けなくてはならない。

AppliedVRが提供するVRコンテンツは、薬を使わずに妊婦の痛みを軽減するツールとしても使われている。同社のコンテンツは子供たちが不安や恐怖を忘れるためにも効果的であり、コンテンツによっては同時に自分の病気について学んだり、動物セラピーのような効果を得たりすることも期待できる。

がんの治療を受ける子供たちへ

Joe DiMaggio Children's Hospitalの外観

Joe DiMaggio Children's Hospitalの外観

Miami HeraldはJoe DiMaggio Children's HospitalでT細胞リンパ腫(血液のがんの一種)の治療を受けている8歳のSeth Olivaに取材を行っている。Joe DiMaggioは地域の小児科治療をリードする規模の大きな病院であり、治療を受ける子供たちのためにVRのような技術を積極的に取り入れている。

子供と保護者への配慮

Joe DiMaggioやいくつかの病院では、化学療法やその他のがん治療を受ける前の子供たちが不安になったり、治療中の子供たちが退屈したりするのを防ぐためにVR、ライブストリーミング、テレビゲームといった技術やエンタメを利用している。

子供たちを怖がらせないために、Joe DiMaggioではCTスキャナの見た目が海賊船になっているという。こうした配慮は治療を受ける子供たちのためであるのはもちろん、同時にその保護者のためのものでもある。

保護者が不安になれば、それは子供たちにも伝染してしまう。患者や家族の不安を取り除くことは、治療にも良い効果をもたらす。

バーチャルでの体験は、幹細胞移植、化学療法、放射線治療や外科手術に対する子供たちの不安や恐怖を和らげる効果があると複数の研究結果が示している。

VRの効果

Seth自身も、VRコンテンツが自分に起きていることから気をそらすのに役立つと語っている。彼がベッドで治療を受けている間、VR空間では宇宙を飛び回ったり人体の内側を探検したりと自由に遊ぶことが可能だ。

彼のお気に入りは、血球のサイズにまで小さくなって身体の中を探検できるVRコンテンツだ。彼は週に3回ベッドで化学療法を受けなければならないが、その間はVR空間で遊ぶ時間でもある。

「身体の中にある、いろんな場所に入るんだ。最初は赤血球や白血球が見えて、最後には身体の中にある病気を見ることができる」

彼の説明に、母親のMelissa Olivaが付け加えた。このコンテンツでは、彼の細胞がどのように病気と戦うかを見ることもできるのだ。

単に面白いVRコンテンツで治療中の時間を潰せるだけでなく、病気と戦うイメージを持つことで免疫機能を活性化させる効果すら期待できるかもしれない。

小児治療の工夫

黒板のある学校の教室

Joe DiMaggioで子供たちのために使われているテクノロジーはAppliedVRのヘッドセットだけではない。

MRIで検査を受ける患者はヘッドセットを使って映画やテレビを見たり、音楽を聞いたりすることができる。装置内の空間は狭いので閉所恐怖症の患者にとっては辛い検査だが、ヘッドセットがその緩和に一役買っているようだ。

入院患者は、40台ものWiiで遊ぶこともできる。これはかつてがんの治療を受けていた患者の両親が寄贈したものだ。特に免疫機能が低下して部屋から出られない子供たちにとっては優れた遊び道具となっている。

マイアミ癌研究所で小児腫瘍を研究するDoured Daghistaniは、化学療法を受ける患者のためにVRを活用すべきだと考えている。彼は大画面でライブストリーミングを楽しみながら化学療法を受けられるInfusionariumについて語った。

「Infusionariumは魔法のようなものです。

子供たちは、化学療法を受けるために病院の先生のところを訪れるのではありません。彼らはInfusionariumで楽しく遊ぶために先生のところへ行くのです。

室内に入ると、特別な場所にいるように感じられるでしょう。普通の病院とは違います」

 

VRやその他のテクノロジーは、治療を受ける子供たちを楽しい気分にするために利用されている。長時間ベッドに拘束されたり痛みがあったりと厄介な治療も、ゲームやライブストリーミングを楽しみながらであれば短く感じられるはずだ。

積極的に最新の技術を取り入れる病院が増えれば、病院嫌いの子供も少なくなるかもしれない。

 

参照元サイト名:Miami Herald
URL:http://www.miamiherald.com/living/health-fitness/article152974199.html

参照元サイト名:Joe DiMaggio Children's Hospital
URL:https://www.jdch.com/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。