VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

インタラクティブなVRをカラオケBOXで体験できる『ファンタジーVRステージプラス)』が新登場! - VR Inside

インタラクティブなVRをカラオケBOXで体験できる『ファンタジーVRステージプラス)』が新登場!

     

Fantasy VR Stage+ 使用イメージ

全国で約700店舗の飲食店を展開する株式会社大庄(本社:東京都大田区、代表取締役社長:平 了寿)と、リアルタイム CG およびゲーム・VRなどの事業を展開する株式会社プリズムプラス(本社:東京都中野区、代表取締役社長:弥谷陽史)は、2017年7月15日から、大庄が運営する「カラオケファンタジー」において、VR(バーチャルリアリティ/仮想現実)技術を活用し、あたかも巨大なライブ会場で歌っているような体験ができる『Fantasy VR Stage+(ファンタジーVRステージプラス)』の導入をカラオケボックス業界で初めて開始することを発表した。

スマホで体験できる映像リンク(You Tube)を公開!

スマホを使い360度視点でVR(静止画)を体験できる映像リンク(You Tube)が公開されている。

※スマートフォンで閲覧する場合、YouTubeのアプリをインストールし、アプリ内で再生する必要がある。

【閲覧用YouTubeのURL】https://youtu.be/2c0g96mol1k

インタラクティブな機能を備えたVRコンテンツ!

まるで自分がステージのライブで歌うようなリアリティー体験ができる

まるで自分がステージのライブで歌うようなリアリティー体験ができる

VRとは専用ゴーグルを装着することで、利用者が自由に位置を移動したり、見る方向を変えたりしながら視聴できる次世代の映像テクノロジーで、ゲームを始め、様々な映像コンテンツの開発が急速に進んでいる。

このVR技術をカラオケに応用すると、コンサートのステージで自分が歌う、などのシチェーションをリアルに味わうことが可能になるということだ。

さらに、今回の『Fantasy VR Stage+』では、単に歌うだけではなく、自分のアクションによって観客が盛り上がる、といったインタラクティブな機能が備わっており、これはカラオケボックス業界で初の試みとなっている。

VRにおけるインタラクティブ性とは、映像の中の世界に対する操作参加性を意味しており、まさに最先端のテクノロジーと言える。

つまり、最新のVRの楽しさと驚きを、カラオケボックスで誰でも気軽に体験できるのが、『Fantasy VR Stage+』だということだ。

お好きな曲をVRのステージで!

VR映像イメージ

最先端のVR技術により目の前は巨大なライブ会場に変貌

『Fantasy VR Stage+』は、特定楽曲の撮り下ろしVRコンテンツを体験するタイプではなく、カラオケルームそのものをVR技術により巨大なライブ会場に変貌させるタイプとなっている。

したがって、楽曲を問わず、自分の好きな曲で楽しめるのも大きな特長だ。

また、VRカラオケ専用ルームには、プロジェクターが設置されており、専用ゴーグルを付けた人物がVRを体験できるだけでなく、その映像がプロジェクターにも投影されることで、同伴者も一体感をもって楽しむことができるようになっている。

VR映像イメージ

同伴のお客様にもライブ会場の客席からみた風景が大画面に投影されるので、一体感をもって楽しめる

7月15日、カラオケ「ファンタジー」新宿東口店を皮切りに複数店舗で随時導入スタート!

今回、『Fantasy VR Stage+』を導入する「カラオケファンタジー」店舗は次の通りとなっている。

■新宿東口店<7月15日(土)スタート> 東京都新宿区新宿3-22-3 三憩ビル1~4階

※「新宿東口店」におけるVRルームは定員4名

【予約は11日13時~受付開始】03-3356-1281(予約受付TEL)

以降、随時、次の店舗で導入予定となっている。

■立川南駅前店 東京都立川市柴崎町3-7-3富栄立川南駅前ビル1・2階

■水道橋店   東京都千代田区三崎町2-8-7庄や第1ビル3・4・5階

■船橋店    千葉県船橋市本町4-5-25 カムズビル1~4階

■橋本北口店  神奈川県相模原市緑区橋本3-30 サンセイ橋本ビル1~3階

■本厚木北口店 神奈川県厚木市中町2-4-16トキワヤビル3階

<ファンタジー URL>

http://www.daisyo.co.jp/brand/fantasy/index.html

カラオケ「ファンタジー」の目印

『Fantasy VR Stage+(ファンタジーVRステージプラス)』の概要

VRゴーグルと手の動きによって観客が反応するマイク

VRゴーグルと手の動きによって観客が反応するマイク

(1)機材・設備について

1.専用ルームには、『VRゴーグル』『ご利用者の位置取得用カメラ』『サブウーファー内蔵ステージ』が設置されている。

2.正面にはプロジェクターがあり、利用者がVRゴーグル内で見ている映像が映し出される。

(2)VRコンテンツの概要について

1.ゴーグルを装着すると、そこは巨大なライブ会場(幅約85m、奥行き約100m、高さ約30m規模)のステージが広がる。

多くのファンがペンライトを手に、あなたの歌を待っている。

2.会場の照明や装飾などのオプションについては、利用者が選択できる。

3.利用者は、ライブステージ上から360度に広がるリアルな空間を実感できる。

4.選んだ曲がスタートすると、画面下部に歌詞が表示される。

5.利用者自身の姿をVR内で見ることはできないが、手に持ったマイクは表示される。

(3)インタラクティブ機能について

1.利用者が、ライブ会場のステージ脇にいるスタッフを数秒間見つめると、「レーザービームが出る」「花火があがる」などのリアクションが起こる。

2.利用者が手を振ると、それに合わせてファンたちがペンライトを振り始める。

3.曲間に「盛り上がっているか?!」などのようにマイクを突き出すと、「おおー!」と、客席からリアクションがきる。

・・・などの機能が実装されている。

(4)利用方法・料金について

1.1ルーム(1時間)の料金は、3,000円(税別)(何人利用でも)。

2.予約は電話やメールで直接店舗まで連絡を。

(5)今後の展開について

1.随時、VRコンテンツのバリエーション追加や拡充が行われる予定。

2.導入店舗も、今後拡大予定となっている。

株式会社大庄と株式会社プリズムプラスは、『Fantasy VR Stage+』の展開を通じて、カラオケボックスの新たな魅力を生み出し、誰もが手軽に楽しめる「非日常の音楽・映像エンタテインメント」を積極的に提供していくとしている。

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当