VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRミュージアムでダリの世界に没入ー「Dali 17 - VR Museum Tours」 - VR Inside

VRミュージアムでダリの世界に没入ー「Dali 17 - VR Museum Tours」

     

Artwork_5-810x477-iloveimg-converted

VRによるアート制作が盛り上がりを見せる中、既存のアート作品を3D、VR化する取り組みが行われている。

カリフォルニア州にあるサルバドール・ダリの作品を所蔵する個人美術館、Dali17の取り組みは先進的で、同ギャラリーに展示されている作品すべてと、ミュージアムの建物全体、そして周囲の風景までをも3D化、VR化し、誰もが現地に直接足を運ばずしてアクセスできるようになった。

Dali 17 - VR Museum Toursという本アプリは現在HTC VIVEのみに対応しており、SteamViveportからダウンロード可能。

概要

Dali 17 - VR Museum Toursとは

Overview-iloveimg-converted

本アプリはDali17ミュージアムとGreenfield Workshopとのコラボレーションによって制作されたVRミュージアムで、彼の代表作である「記憶の固執」や「The Elephants」などを含める280以上のダリ作品が展示されている。

VRでは、カリフォルニアにあるミュージアムに展示されている展示物すべてをVR空間で鑑賞することが可能だが、VRの特質を活かした鑑賞をすることが可能で、例えば展示物に触ったり、作品が動いたり、また作品の中に入り込んで自由に歩き回ることができたり、それぞれの展示物に接近するとその作品に関する説明がバーチャル表示されるなど、アート作品だけではなくVRアート鑑賞の新しい方法に触れることができる。

「飛行機に乗る手間をかけず、誰もがDali17に足を運んでもらいたい」と語るのはGreenfield WorkshopのCEOであるPeter Kaiserであり、これまでは現地に直接足を運ばないと鑑賞できなかったアート作品をVR空間内で実物大で鑑賞することが可能になり、VRアートの領域に新たな可能性が生まれそうだ。

Dali 17 Museumとは

Dali17はカリフォルニア州モントレーに位置するダリの作品を扱うアートミュージアムで、彼が制作した絵画、エッチング作品、ミクスドメディア、リトグラフ、彫刻などが展示されており、USAトゥデイ紙には"must see exhibition"との評価がされている。

モントレーのベイエリアはダリが1940年代にかけて活動した拠点であり、Dali 17 - VR Museum Toursでは館内だけではなく、館外の風光明媚な景色も再現されている。

Dali17という名前は彼が生活と活動の拠点にしていた17 Mile Driveから取られており、米西海岸では最大規模の個人所有の美術館になる。

公式サイト:Dali17

特徴

現地の美術館に展示されている作品をそのままVRに移行しただけではなく、インタラクション性や没入性など、VRの強みを生かした工夫がなされており、ユーザーは現地の美術館に足を運ぶ時とはまったく違う楽しみ方をすることができる。

作品が動く

ss_2cb610eac6e05bbf80bfc2d49f32a11c04bb6f97.1920x1080
特徴の1つに、展示作品がアニメーションによって動く、という点がある。

アニメーション化されたのは1948年に制作された"The Elephants"に描かれる"Space Elephant"であり、VRミュージアムではこのSpace Elephantが動き回り、ツアーガイドとしての役割を果たす。

原作に描かれる巨大な足長の象が立体になって動き回る様は実際見ると迫力があるが、どこか可愛らしさもあり、原作に描かれた象にはなかったリメイクされた魅力を楽しむことができる。

作品に触れる

ss_aa1aa8d0d1b9b5cea4328a4afe469a6331d041ae.1920x1080

ツアーのハイライトとなるのはダリの作品で最もよく知られている「記憶の固執」であり、ビジターは作品の中に入り込んで、作中の世界の中を自由に動き回ることができる。

物理空間の美術館であれば、通常展示物に触れることは厳禁であるのだが、VR空間であるために触っても壊れたりすることはなく、むしろユーザーには積極的に展示物とのインタラクトすることが推奨されている。

サルバドール・ダリはシュールレアリズムのパイオニアであり、(もし今も生きていたら)本人もVR空間でアートを制作したことでしょう。

そう語るのはDali17のオーナーであるDmitry Piterman氏は、VRをアート作品のショーケースとして用いることによって切り開かれる可能性を認識しており、ダリ本人もこのミュージアムのファンになっただろう、という。

ダリのような奇想天外な人物が制作したアートは一体どんなものだろう、そう考えながら鑑賞するのも面白い。

動作環境

Dali 17 - VR Museum Toursの動作環境は以下の通り。(記載しているのは推奨環境)

OS Windows 10
プロセッサー Intel® Core™ i7 5930
メモリー 8 GB RAM
グラフィック GeForce® GTX 1080
DirectX Version 12
ストレージ 4 GB 利用可能

参照元:VRScout

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。