VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Google CEOピチャイ氏発言「2017年内は、Daydream Readyスマホは11機種とする」 - VR Inside

Google CEOピチャイ氏発言「2017年内は、Daydream Readyスマホは11機種とする」

     

海外メディアThe Vergeは、Daydreamに関するGoogle CEOのサンダー・ピチャイ氏の発言を報じた。

2017年末までに11機種体制に

同メディアによると、Google CEOであるとともに同社の親会社Alphabetの取締役への就任が決まったサンダー・ピチャイ氏は、2017年内はDaydream Readyスマホを11機種とする、と発言した。

「Daydream Readyスマホ」とは、Googleが開発したモバイルVRプラットフォーム「Daydream」に最適化されたAndroidスマホのことを意味する。同スマホを専用VRヘッドセット「Daydream View」に差し込んで使うと、スマホでありながらリッチなVR体験が可能となる。

Daydreamに関する同氏の発言は、今年5月に開催された同社の開発者イベント「Google I/O 2017」後、はじめての公式な発言とみなせる。

Daydream Readyスマホの現状

本メディア2017年5月17日付の記事では、「Google I/O 2017」に合わせてDaydream Readyスマホの状況をまとめた表を掲載した。

このほどのピチャイ氏の発言を考慮して、更新したDaydream Readyスマホ対応状況表は以下の通りとなる。

メーカー名 Daydream対応状況
Asus DaydreamとTangoの両方をサポートしたスマホ「ZenFone AR」を2017年6月23日に発売済み
HTC Google初のDaydream Readyスマホ「Pixel」の製造を行っている。2017年内にスタンドアローン型Daydreamスマホをリリース
Huawei Daydream Readyスマホ「Mate 9」と「Porsche Design Mate 9」(ポルシェデザインとのコラボ・スマホ)をリリース。同社製造のDaydream Viewも発表されているが、リリースは不明。
Lenovo Daydreamが発表された当初のパートナーではないものも、Daydream Readyスマホ「Moto Z」「Moto Z Droid」「Moto Z Force Droid」をリリース。2017年内にスタンドアローン型Daydreamスマホをリリース。
Samsung Galaxy S8およびS8 Plusが2017年7月25日以降アップデートによりDaydreamに対応。
Xiaomi 2017年4月、同社最新スマホ「Mi 6」をリリース。同スマホに対応したDaydream Viewに似たVRヘッドセットをリリースすると発表していたが、今のところ続報はない。
ZTC 「Axon 7」をアップデートによりDaydream Readyスマホとした。

上の表と5月の記事において掲載したそれとの違いは、以下の3点である。

・Asus製造スマホ「ZenFone AR」が、2017年6月23日にリリースされたこと
・Galaxy S8およびS8 PlusのDaydream対応アップデートが始まったこと
・Daydream Readyスマホ製造の噂のあったAlcatelとLGを表から削除した

AlcatelとLGを表から削除した理由は、仮にこの2社からDaydream Readyスマホがリリースされると、ピチャイ氏の発言と矛盾してしまうからである。それゆえ、2018年以降になれば、同2社が表に再び記載される余地は残されている。

以上をふまえると、2017年内におけるDaydream Readyスマホは以下の11機種となる。

  • ・Pixel
  • ・Pixel XL
  • ・ZenFone AR
  • ・Mate 9
  • ・Porsche Design Mate 9
  • ・Moto Z
  • ・Moto Z Droid
  • ・Moto Z Force Droid
  • ・Axon 7
  • ・Galaxy s8
  • ・Galaxy S8 Plus

以上の11機種はすでにリリース済みなことから、2017年内には新規のDaydream Readyスマホのリリースはない、と結論づけられる。

日本にDaydream Viewが上陸する日は来るのか?

2017年におけるDaydream Readyスマホの体制が確定したことから、2017年内に日本メーカーがDaydream Readyスマホを製造・リリースする可能性がゼロとなった、ということを導き出せる。

Daydream Readyスマホを活用するための必須アイテムであるDaydream Viewも、日本では公式にはリリースされていない(「公式にリリースされていない」とはGoogleから公式販売されていない、という意味)。

日本がDaydreamの言わば「真空地帯」となっているのは、日本は世界で最もiPhoneが普及している国であることが関係しているように思われる。

その証拠に国内メディアiPhone Maniaの記事によると、2016年11月から2017年1月の販売数をもとにしたスマホのOS別シェアを主要各国で比較すると、iOSのシェアはヨーロッパ主要諸国が22.7%、アメリカが42%に対し、日本は49.5%で世界トップのシェアとなった(下の表参照)。

ちなみに、中国ではiOSのシェアは16.6%、逆にAndroidのシェアは83.2%であった。

iPhoneユーザーがDaydream Readyスマホに乗り換える確固たる予想がなければ、iPhone強国の日本でDaydream Viewを展開することは難しいだろう。

VR市場の多様性という観点から見れば、日本でもDaydream Viewが公式販売されるのが望ましいのだが、以上のような事情により当面は公式販売される気配はない、と言えるのではなかろうか。

Daydreamに関するGoogle CEOのサンダー・ピチャイ氏の発言を報じたThe Vergeの記事
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/7/25/16024582/google-daydream-vr-smartphones-2017-sundar-pichai-earnings-quote

世界主要各国のスマホのOS別シェアを報じたiPhone Maniaの記事
http://iphone-mania.jp/news-161914/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com