VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Daydream対応スタンドアロン型ヘッドセット、2017年後半にリリース - VR Inside

Daydream対応スタンドアロン型ヘッドセット、2017年後半にリリース

     

Screen-Shot-2017-05-17-at-12.01.46-PM

5月18日、日本時間午前2時よりGoogle I/Oデベロッパーカンファレンスが開催されている。

VRに関する情報も数多く発表された中、注目すべきは今年後半にリリースされるDaydream対応スタンドアロン型ヘッドセットだ。

ワイヤレスのため、スマホやPCなしでも単体で動作する。

GoogleのVR事業で最高責任者を務めるClay Bavor氏によると、現在同社は数多くの企業とパートナーシップを組んで製品開発を進めているとのことで、今回リリースされるヘッドセットはHTCが開発したものだ。

リリース時期についての詳細は発表されていないが、「今年後半になる」とのこと。

スペック情報

ヘッドセットのスペックに関して、現在公表されている情報は以下の通りだ。

今回リリースされるスタンドアロン型ヘッドセットはGoogle Daydreamに対応している。

Daydreamは2016年11月から運用が開始されたGoogleのスマホVR用プラットフォームだ。

そのため、Daydreamアプリをプレイするためには対応するスマートフォンとヘッドセットが必要だったが、今回のスタンドアロン型ヘッドセットによって単体で動作するようになる。

トラッキングに関しては、WorldSenseというGoogleが開発したインサイド・アウトのトラッキングシステムが実装されている。

これは機械学習やコンピュータービジョン、自己位置推定技術であるSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)などを融合した技術であり、精度の高いポジショントラッキングを実現する。

ヘッドセット内部に実装されているので、Viveでのトラッキング時に必要な外部センサーも必要としない。

この技術はQualcommとの共同開発によるもので、それによってユーザーはプレイ中に様々な動作ー歩く、身体を傾ける、かわす、しゃがむーが可能になる。

Bavor氏はプレゼンにおいて以下のようにコメントしている。

このDaydream対応スタンドアロン型ヘッドセットは、Qualcommとの緊密なパートナーシップによって実現したもので、VRデバイス市場に新しいカテゴリーを生み出すものです。VRを使用する際に必要な要素はすべてヘッドセット内に実装されており、VRがより簡単に使用できるように設計されています。WorldSenseを採用したことによって外部センサーも必要なく、今年後半にこの製品を市場投入することを非常に楽しみにしています。

パートナーシップによって加速するVR市場

Viveによってヘッドセット市場をリードするHTCとGoogleがコラボすることによって、VRデバイスの進化が加速しそうだ。

HTCは公式ブログにて、以下のようにコメントしている。

我々は良質なVR体験を提供する為に、デベロッパーや消費者との密接なコミュニケーションを常に欠かすことなく開発を進めてきました。そしてHTCはスタンドアロン型ヘッドセットが可能にするVR体験を実現するには最適の企業です。この新しい技術によって、VR空間での体験はより深いものに、より没入できるものになります。かつ、時と場所を選ばずに、手軽に使えるようになるのです。

また、Qualcomm Technologiesで副社長兼プロダクトマネジメントを務めるKeith Kressin氏も以下のようにコメントしている。

今回、こうして再びGoogleとコラボレーションすることは、我々にとって大きな喜びです。我が社の開発するSnapdragonプロセッサによって、Google Daydreamはよりパワフルなものへと進化します。我々は共通のビジョンを持っています。それは、ケーブル類や、部屋の中でしか使用できないデバイスによって動きが制約されるVR体験から、完全にモバイルで、自由なそれをすべての人に提供することです。スマホVRやスタンドアロン型ヘッドセットを通して、我々は没入感に溢れる最高のクオリティのVR体験を実現したいのです。

先日、MicrosoftもAcerとの提携によって低価格のAR/VRヘッドセットを発表したが、今後は様々な企業とのコラボレーションによって、ハイスペックで低価格のデバイスが数多く登場するだろう。

中でも、次世代VRデバイスとして注目されているワイヤレスのスタンドアロン型ヘッドセットは注目すべきジャンルだ。

現行のハイエンド機種を導入する際にネックとなるのが、ケーブル類をPCに接続せねばならず、それによって行動範囲が制約されたり、トラッキングに外部デバイスが必要になったり、もしくはヘッドセットと併せてハイスペックPCが必要になったり、等といった要素がある。

スタンドアロン型ヘッドセットの登場により、これらの問題が解決される。

既に多くのスタートアップ企業が開発に乗り出している中で、今回Googleもこのジャンルに参入したことによって、VR市場の拡大は加速するだろう。

参照元:UploadVR

参照元:VRFocus

参照元:HTC公式ブログ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。