VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VIVE Trackerを使ってDaydream Viewをルームスケール対応にする猛者現れる - VR Inside

VIVE Trackerを使ってDaydream Viewをルームスケール対応にする猛者現れる

   

海外メディアUploadVRは、2017年2月17日の記事において、Daydream Viewをルームスケール対応にハックした開発者を紹介した。

20170220_daydreamhack_1

同メディアによれば、2017年2月17日、ソフトウェア・スタートアップMaster of Shapesは、VIVE Trackerを使ってDaydream Viewをルームスケール対応にする技術をレポートしたブログ記事をアップした。

VIVE Trackerの通常の使い方は、何らかのリアル・オブジェクトに装着してトラッキングできるようにして、VIVE使用時に体験できるVR空間内でバーチャル・オブジェクトとしてコントロールする、というものだ。そうした使用例を挙げれば、リアルな野球のバットのグリップ部分に同デバイスを装着して、リアルなバットのスイングをVR空間内でも再現する「DiamondFX」がある。

このほどMaster of ShapesがレポートしたVIVE Trackerの使い方は、なんとDaydream Viewに装着するのだ。そして、Daydream ViewにVIVE Trackerを装着することで、ルームスケール対応なVRヘッドセットにするのだ。

Daydream Viewは、Daydream Readyスマホを挿入すれば、ハイクオリティなモバイルVRコンテンツが楽しめる。ただし、トラッキング機能にはスマホ内蔵の加速度センサーを使っているので、ユーザー頭部の位置と動きしかトラッキングしない。

ところが「Cover me」と名づけられた同社の技術を使うと、VIVE Trackerを同VRヘッドセットに装着することで、ユーザーのカラダの位置と動きをトラッキングできるようになる。言って見れば、VIVE TrackerとVIVEのトラッキングセンサーを使って、Daydream ViewにVIVEと同等なルームスケール体験をもたらすのだ。

もっとも、既存のDaydream View対応コンテンツはルームスケール対応していないので、以上のようなルームスケールなDaydream View体験をするためには、専用の対応VRコンテンツを開発する必要がある。

ちなみに、こうした「Cover me」にはVIVEプレイヤーとDaydream Viewプレイヤーが同じルームスケール対応なゲームでマルチプレイできるようにする可能性がある、と同メディアは指摘している。

いずれにしろ、VIVE Trackerには、まだまだ未知の可能性が数多く隠されているようだ。

Daydream ViewをVIVE Trackerを使ってルームスケール対応にハックした開発者Master of Shapesを紹介したUploadVRの記事
https://uploadvr.com/vive-tracker-google-daydream-room-scale/

上記記事のソース元となっているMaster of Shapesのブログ記事
https://masterofshapes.com/thelab/roomscale-google-daydream/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事