VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ディズニー、プロジェクターを使ったARシステムの特許を申請 - VR Inside

ディズニー、プロジェクターを使ったARシステムの特許を申請

        2017/04/26

海外メディアUploadVRは、2017年4月6日の記事において、DisneyのARシステムの特許について報じた。

20170407_disney_1

Disneyが特許申請中のARシステムとは?

同メディアは、2017年4月6日、Disneyが申請したARシステムについての特許文書を紹介している。

本メディアで以前に報じたように、Disneyは同社のテーマパークにVRテクノロジーを導入することには否定的である。しかし、ARを活用することに関しては、真剣に検討しているようだ。

UploadVRが紹介しているDisneyの特許文書は、「ユーザーと仮想世界の相互作用のための拡張現実制御」というタイトルが付けられている。その文書によると、同社が考えるARシステムは、テーブルのようなフラットな表面に対して、特定の場所(おそらくは天井)に設置されたプロジェクターから画像を投影することを基本構成としている(下の図1を参照)。

図1:Disneyが特許申請中のARシステムの基本構成図

図1:Disneyが特許申請中のARシステムの基本構成図

プロジェクターのほかには、画像を投影している表面をトラッキングするセンサーも設置されており、そのセンサーを使ってユーザーの挙動をトラッキングする。そして、ユーザーの挙動に合わせてプロジェクターから投影する画像を変化させることで、ユーザーと投影画像が相互作用するような体験を可能とする(下の図2を参照)。

図2:Disneyが特許申請中のARシステムにおいて、ユーザーと投影画像が相互作用する様子

図2:Disneyが特許申請中のARシステムにおいて、ユーザーと投影画像が相互作用する様子

以上のようなARシステムを、家庭ではなくテーマパークのような商業施設で活用するメリットが少なくともひとつある。そのメリットとは、商業施設であれば多少大きいプロジェクターであっても、内装を工夫することによってユーザーに意識させないことができることだ。また、同ARシステムは、ARデバイスを装着しなくてもよいという点から見ても、不特定多数の訪問客が来訪する商業施設での活用に適している。

プロジェクターを活用したARシステム事例

実のところ、同ARシステムに類似したアイデアは容易に挙げることができる。例えば、本メディアで以前に報じたプロジェクターを活用したARデバイス「Lightform」は、同ARシステムに酷似している。

そのほかには、2014年11月29日から2015年5月10日まで日本科学未来館で開催されていた「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」で展示された作品「つながる!積み木列車」も、活用されているテクノロジー構成が類似している(下の動画参照)。

チームラボが制作した同作品は、発表されたのが「VR元年」あるいはポケモンGO登場以前なので、「VR」「AR」という言葉は使われていない。しかし、同作品で使われているオブジェクトを、例えばボードゲームのコマに置き換えると、「ARボードゲーム」として通用するだろう。

「プロジェクター型ARシステム」の最大の「売り」は、手ぶらでAR体験が可能なことである。最近注目されるようになったこのARシステムには、多くの可能性が眠っていそうだ。

DisneyのARシステムの特許について報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/disney-ar-patent-application/

DisneyのARシステムについて特許文書ページ
http://appft1.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1&Sect2=HITOFF&d=PG01&p=1&u=/netahtml/PTO/srchnum.html&r=1&f=G&l=50&s1=20170097676.PGNR.

ディズニーの関連する記事を紹介

ディズニーは、ディズニーランドなどテーマパークでは、特に現実の世界で作り上げる世界観を非常に重要視しており、VRよりARを重要視している部分がある。

ディズニーCEO発言「私たちがテーマパークでつくるものは、VRではなく本物の体験です」。VR導入には否定的

ただ、映画やゲームその他コンテンツも存在する中で言えば、VR・ARともにカバーしていくであろうと、考えるのが妥当である。

Disney Research、触覚フィードバック搭載のVRチェアを開発中
本記事に関しては、「触覚フィードバックが強化された360°VR動画プレイヤー」と書かれているようであり、このデバイス自体はVRヘッドセットに同期して、特殊な効果を発生することが出来る椅子で、構成されるVR機器の紹介記事である。

Oculus、ディズニーとのコラボレーションを発表!Blade Runnerも!

本記事は、2016年10月に開催された、VRカンファレンス「Oculus Connect 3」で発表された、Oculus社とディズニー社とのコレボレーションの発表で、有名なキャラクターのコンテンツを一緒に制作するという内容の記事になります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com