VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

クラウドファンディング、23時間で目標の70万円を達成!”Bluetooth AR Gun”がMakuakeで先行販売中! - VR Inside

クラウドファンディング、23時間で目標の70万円を達成!”Bluetooth AR Gun”がMakuakeで先行販売中!

        2017/04/27

最新のスマホシューティングゲーム「Bluetooth AR Gun」イメージ

株式会社ドットジャパンは、“現実世界と仮想ゲームの世界を合体”した最新のスマホシューティングゲーム「Bluetooth AR Gun(ブルートゥース エーアール ガン)」を国内のクラウドファンディング「Makuake」にて、先行販売を開始した。

子供時代に憧れた「現実の中に敵が現れる」 最新シューティングゲーム『Bluetooth AR Gun』

最新のAR技術搭載 製品イメージ

「Bluetooth AR Gun」イメージページ:

https://www.makuake.com/project/ar-gun/

Bluetooth AR Gun 概要

「Bluetooth AR Gun(ブルートゥース エーアール ガン)」は現実世界と仮想ゲームの世界を合体した、今までに無いまったく新しいシューティングゲームだ。

AR(拡張現実)技術を採用し、スマホの画面に映した周囲の風景に、デジタルの情報(このゲームでは戦闘機などの標的)を重ねて表示し、現実世界を拡張した新感覚シューティングゲームを楽しむ事ができる(GPS位置情報は連動しない)。

国内のクラウドファンディングサイト「Makuake」限定で4月11日より先行販売が開始されており、開始から23時間という短期間で目標金額の70万円を突破し、既に100名を超えるサポーター(支援者)を獲得している。

プロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/ar-gun/

Bluetooth AR Gunは、現実を拡張した最新のゲーム

Bluetooth AR Gun最大の特徴は、現実世界(今ユーザーがいる場所)に360度縦横無尽に飛び回る戦闘機や敵がスマホ画面上に出現するところだ。

その迫り来る敵を引き金一つの簡単操作で、ライフルやビーム銃で攻撃することができる。

現在プレイできるゲームの内容を以下に紹介する。

子供の頃”夢にまで見た”体験が目の前に…

インベーダーゲーム世代の男性からは「このゲームは、子供の頃憧れた“夢にまで見たような体験”だ。

なるほど、現実の中に敵が現れて、それを攻撃する。

我々は幼少時代それを輪ゴム鉄砲でやっていたし、空き地で想像の世界で楽しんでいた。

まさかそれが現実になるなんて。」

との感想が寄せられているそうだ。

子供時代に輪ゴム鉄砲で遊んでいた現代のお父さん世代が、自分の子供のために“夢にまで見た体験”をプレゼントしたい。

そういった気持ちで購入している人も多いようだ。

最近では昔のように子供が自由に出入りできる空き地も少なくなってしまったが、「Bluetooth AR Gun」は敵が上にも下にも背後にも現れて、親子で一緒に体を動かしながらゲームを楽しむことができる。

スマホゲーム好きがハマる、その秘密は”手軽さ”

「Bluetooth AR Gun」は、トリガー(引き金)1つで、スマホとの連動からゲームプレイまで全てを思い通りにコントロールできる。

休憩時間や仕事の合間など、10分もあればいつでも手軽にプレイできるため、隙間時間を無駄にせず、より一層充実させることができるのだ。

バリエーションに富んだシューティングゲームを内蔵

シューティングゲーム好きのユーザーから「銃型コントローラーは面白いのに、対応するソフトが少なすぎる」というコメントを目にすることが多々あるが、「Bluetooth AR Gun」は専用アプリ内にいくつものバリエーションに富んだシューティングゲームを内蔵している。

戦闘機ゲームやUFOクレー射撃(2017年4月現在)など、様々な種類のARゲームを選択できるため、飽きること無くFPSガンシューティングを楽しめる。

Bluetooth AR Gun提供の背景

近年のスマホゲーム業界では、ゲーム購入後に追加課金を求め1つのゲームで継続的な収入を得る傾向がある。

しかし「Bluetooth AR Gun」は“買い切り型”であるため、最初にコントローラーを購入すれば追加課金0円で遊び続けることができる。

これはメーカーの“子供達やゲームファンの皆様に、お金を気にせずに長く楽しんでいただきたい”という根本的な考え方によるもので、継続的にアップデートが行われていく「Bluetooth AR Gun」の全てのコンテンツが追加課金0円で楽しむことができるのだ。

また、エンドユーザー(消費者)への想いも海外でも認められ、「South west University 2016 AR ゲームデザインアワード」受賞という功績を残している。

Bluetooth AR Gun で遊べるゲーム (2017年4月現在)

大人から子供まで楽しめるプレイイメージ

(1) 「戦闘機ゲーム」

様々な種類の戦闘機が360度、縦横無尽に現実の中を飛び回る。

バイブレータが「撃って来たぞ!」と敵の攻撃を知らせてくれる。

右上のレーダーを見ながら敵の場所を割り出し、迫り来る戦闘機を撃ち落す、敵機爆破時の爽快感がたまらないゲームだ。

「戦闘機」ゲームプレイイメージ

(2) 「UFOクレー射撃」

一枚の円盤型のUFOが「シュッ」と画面端から飛んでくる。

集中して1発で仕留めた時の達成感と、UFOが皿のように「パリン!」と割れる爽快感を楽しむことができる。

(3) 「ロケットコイン集め」

動き続けるロケットを操作しながら、敵に当たらないようにコインを集める。

敵の動きが急に早くなる、急に現れるなど反射神経が試されるハラハラドキドキのゲームとなっている。

(4) 「海の冒険」

色とりどりの熱帯魚やアンコウなど、海の生物がユーザーの部屋の中を悠々と泳ぎ回る。

海の中を冒険しながら網を発射して大物を捕まえる、冒険する好奇心をくすぐるゲームとなっている。

「海の冒険」ゲームプレイイメージ

(5) 「異星人との遭遇」

新たな惑星に一人降り立ったプレイヤーは、突然目の前に現れる異星人や尖った爪をわさわさと動かしながら迫りくる未知の生物、大量に地中から現れる異星人をせん滅させ、生き延びることを目指す。

不安と恐怖のスリルを楽しみながら異星人を「ベチャッ」と、気持ちよく倒していくゲームだ。

「異星人との遭遇」ゲームプレイイメージ

【上記以外にも新しいゲームが制作、随時アップデートされる予定】

実際のプレイ動画: https://www.makuake.com/project/ar-gun/

※上記の情報は2017年4月時点での情報。

アプリのゲーム内容はメーカーに委ねられている。

ゲーム内容はアップデート、追加・変更または削除される可能性がある。

【ゲーム開始方法】

遊び方は非常に簡単だ。

(1) 専用アプリをスマホにインストール(アプリ内容は取説に記載)。

(2) 木製の銃型コントローラーとスマホをBluetoothで自動接続。

(3) 戦闘機ゲーム等のシューティングゲーム開始。

(iPhone iOS 8.0以上、Android OS4.4以上に対応)

・Bluetooth AR Gunは、AR(拡張技術)を利用した、最新のスマホシューティングゲーム。

・クラウドファンディングサイト「Makuake」で予約販売開始から23時間という短期間で目標金額を達成。

・ゲーム最大の特徴は、部屋の中など現実の背景の中に、戦闘機などの標的がスマホ画面上に現れるところ。

・買い切り型のため、最初にコントローラーを買ってしまえば後は無料でプレイできる。

・今後も新しいゲームが追加予定(無料アップデート)。2017年4月時点で5つのゲームがプレイできる。

・コントローラーはBigとSmallの2種類あり、ゲーム内容は共通。

株式会社ドットジャパンのプレスリリースには最後に次のメッセージが寄せられている。

『夏は空気のきれいな公園でBBQとビールを楽しみながら。

冬は暖かい部屋の中で仲間とゲームの得点を競い合うなど、最新のARシューティングゲームを通して、利用者の方が仲間やご家族と交流が深まることも期待しています。』

イメージ動画: https://www.makuake.com/project/ar-gun/

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当