VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

いい生活とナーブ、不動産会社向けVRサービスの共同開発を目的とした業務提携を発表 - VR Inside

いい生活とナーブ、不動産会社向けVRサービスの共同開発を目的とした業務提携を発表

     

株式会社いい生活 ナーブ株式会社 企業ロゴ

2017年5月29日、株式会社いい生活とナーブ株式会社は、VR(バーチャルリアリティ)技術を活用した不動産会社向けサービスの共同開発を目的とした業務提携契約を締結したことを発表した。

株式会社いい生活とナーブ株式会社について

いい生活社は、ITでより良い不動産市場の実現を目指す「不動産テクノロジー」企業だ。

全国1,266社3,330店舗の不動産会社が利用する不動産会社向け業務クラウドサービス「ESいい物件One」(※1)等を展開している。

また、国土交通省により2017年10月をめどに開始が計画されている「IT重説」の解禁に向け、ウェブ会議クラウドサービス「MeetingPlaza」の販売もおこなっている。

ナーブ社は、VRに特化した企業として2015年に設立したスタートアップだ。

VRの業界特化型プラットフォーム及びナーブ社コンテナにより、VR業界のトップランナーとしてこれからのVRのあり方を実現していくとしている。

不動産業界向けには「VR内見」(※2)を2016年より展開している。

いい生活社とナーブ社は本提携を通じ、内見や店頭での接客をはじめとする不動産取引のIT化を推進していくと発表している。

業務提携の目的と背景

VRは不動産市場、不動産取引と非常に親和性高く、今後の不動産取引に深く浸透する可能性を秘めている。

IT を活用した重要事項説明が本格的にスタートした際には、VRによる内覧とIT重説をセットにした提供も可能になり、一般ユーザーにも全く新しい物件探しエクスペリエンスを提供することができると考えられている。

いい生活社とナーブ社は双方の強みを活かすことにより、不動産市場におけるこの取り組みをさらに加速させることができると考え、今回の提携に至ったということだ。

業務提携の内容

実施内容は、主に①販売提携 ②新サービス開発 の2つとなっている。

①販売提携

いい生活社の不動産会社向けの営業力、マーケティングノウハウを活用し、VRソリューションを不動産会社向けに販売する取組みとなっている。

②新サービス開発

新サービス開発は、いい生活社が得意とする「不動産情報総合データベース」と、ナーブ社が得意とする「VRによる新しい体験の提供」を組み合わせ、連携・新サービス開発を検討することによりシナジー効果を創出する取組みとなっている。

※1 「ES いい物件 One」について

http://www.es-service.net/

いい生活社の「ES いい物件 One」は、不動産業に特化したクラウドサービス。

賃貸から売買まで不動産ビジネスに関する膨大な「情報」を集約し、これを自由自在に共有することでビジネスの可能性を広げるワンストップソリューションとなっている。

自社ホームページや不動産ポータルサイトへの掲載、賃貸借契約・売買契約・家賃管理といった機能に加え、HTMLメールを活用した追客支援機能、電子ファイル保管機能、オーナーマイページなどの様々な機能が用意されている。

最新のITを活用した、業務効率化および売上増を加速するサービス。

※2 「VR内見」について

http://naiken.nurve.jp/

ナーブ社の「VR内見」は、VR(バーチャルリアリティ)技術を活用して、物件を擬似内見できるシステムだ。

誰でも簡単に使えるシステムを活用し、実際に物件へ出向かなくても内見ができるようになるので、集客力アップ・成約率向上など多くのメリットが生まれるサービスとなっている。

いい生活社について会社概要

いい生活社は不動産業のあらゆる業態と業務に対応する不動産会社向けのシステム開発に特化し、情報産業である不動産ビジネスにおいて成功の鍵となるワンストップソリューションのシステムをクラウドサービスで全国の不動産会社に提供をおこなっている。

不動産会社の業務を支援するクラウドサービスのリーディングカンパニーとして、不動産の市場を全ての参加者にとってより満足度の高い市場にしていくことをミッションとし、より良い不動産市場の発展と進化に資する、活発な情報商流の担い手となるべく、そのための情報基盤を提供している。

商号:株式会社いい生活社

所在地:東京都港区南麻布五丁目2番32号

設立:2000年1月21日

資本金:628,411,540円(2017年3月末現在)

従業員:134名(2017年3月末現在)

事業内容:不動産事業者向けクラウドソリューション事業

※いい生活社は、ITサービスマネジメントシステムITSMSの国際規格である(ISO/IEC20000-1:2011(JIS Q 20000-1:2012))、ならびに情報セキュリティマネジメントシステムISMSの国際規格である(ISO/IEC27001:2013(JIS Q 27001:2014))の認証を取得している。

サービスの品質と情報セキュリティの両面において利用者の信頼に応え、安心して利用できる環境を提供している。

ナーブ社株式会社について会社概要

ナーブ社はいち早くVRの開発に着手し、当時は観て楽しむだけのVRコンテンツを、体験型のコンテンツに進化させた。

その経験を生かし、様々な業界にフィットした「標準 VR プラットフォーム」として提供を開始しし、VR技術を接客や売買といったビジネスシーンで活用するサービスを展開している。

今後は「企業の VR サービスを提供できる No1.カンパニーとなるべく、海外にも本格的な事業展開を視野に入れている」としている。

商号:ナーブ社株式会社

所在地:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル 465区

設立:2015年10月15日

資本金:182,250,000円(2017年5月29日現在)

事業内容:VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームの提供

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当