VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Razer社、E3に向けてOSVRが「オープンソース」であることを開発者にアピール - VR Inside

Razer社、E3に向けてOSVRが「オープンソース」であることを開発者にアピール

        2016/08/31

Razer社は、まもなく開催されるE3に向けてOSVRの公式Facebookを更新した。

20160606_osvr_1

OSVR(Open Source VR)を開発しているRazer社は、2016年6月4日、OSVRの公式Facebookに「われわれは、アクセス制限のあるVRコンテンツに反対する。(VRコンテンツは)No-DRM、アクセス制限なしだ」というメッセージが入った画像をアップした。

こうした画像をアップした背景には、2016年6月14日から開催されるE3(世界最大のゲーム見本市)に向けて、VRコンテンツ開発者にOSVRがオープンソースであることを再認識させる狙いがあると思われる。

最近のVRコンテンツ開発関連のニュースでは、Oculus Riftのセキュリティ強化を含むアップデートが行われた結果、Revireが使用できなくなったことが記憶に新しい。

Revireとは、HTC社のVIVEからOculus RiftのVRアプリにアクセスできるようにする非公認ツール。

Razer社のねらいは、Oculus Riftに見られるようなVRコンテンツの「囲い込み」に反対して、開発上の制約を極力廃したオープンソースであることで開発者を呼び込むことにある。

OSVRに関する最新情報は、E3での発表以降に明らかになるだろう。

OSVRの公式Facebookページ
https://www.facebook.com/OpenSourceVR/

参照元URL:https://www.vrfocus.com/2016/06/razer-tease-drm-free-vr-announcement-for-e3/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com