VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

クラウドファンディング中のEXCHIMP AI1はオールインワンなVRヘッドセット - VR Inside

クラウドファンディング中のEXCHIMP AI1はオールインワンなVRヘッドセット

     

EXCHIMP AI1

EXCHIMPのオールインワンヘッドセットには有線リモコンも付属する

2016年には多くの企業がVRヘッドセットを発売した。

PCやコンソール機をベースにしたものは、高い没入感のあるクオリティの高いVR体験をウリにしている。一方でスマートフォンをはめ込むだけで使えるモバイルVRヘッドセットは、その手軽さとヘッドセット本体の値段が安いことが特徴だ。

数百円から1万円前後のモバイルVRと高性能・高価格なVRの体験には大きな差がある。モバイルVRでは物足りないが、HTC ViveやOculus Riftは高すぎるという消費者も多いのではないだろうか。

Kickstarterでクラウドファンディングを実施しているEXCHIMP AI1は、モバイルとハイエンドの中間を狙うオールインワンのVRヘッドセットだ。

EXCHIMP AI1の特徴

EXCHIMP AI1

EXCHIMPがクラウドファンディングを実施しているVRヘッドセットの特徴は、これだけで完結するオールインワンのVRデバイスであることだ。EXCHIMP AI1には高性能なゲーミングPCどころか、スマートフォンすら必要ない。

軽量

EXCHIMP AI1は5.5インチのQHD(2560×1440)解像度のディスプレイを内蔵する。これはほとんどのハイエンドVRヘッドセットを超える解像度だ。

この高性能ディスプレイを内蔵しながら、本体重量は389gに抑えられている。その秘訣は、部品の一部を有線リモコン側に内蔵していることだ。これによって頭に装着するヘッドセットを軽量化し、同時に発熱も防げるようになっている。

長寿命バッテリー

スマートフォンを使用したモバイルVRヘッドセットの場合、高い処理能力を必要とするVR機能を使うスマートフォンは電池の消耗が激しい。EXCHIMP AI1は4,750mAhの大容量バッテリーを搭載しており、最長7時間の連続動作を実現する。

高品質なVR体験

Intel Atom X5プロセッサを内蔵し、100度の視野を持つTDTディスプレイに滑らかな映像を表示する。リフレッシュレートは60HzとハイエンドVRヘッドセットには及ばないが、これは省電力化のためだろうか。

豊富なコンテンツ

EXCHIMP AI1は16GB(ストレッチゴールを達成しているので、32GBに拡張される予定)にゲームや360度映像といったVRコンテンツをプリインストールした状態で提供される。こうしたゲームの開発はFitbrumが手がける。

また、オペレーティングシステムにはAndroid OSをベースとするNibiruが採用される。Wi-Fi機能も内蔵されているため、Google Playストアからアプリやゲームをダウンロードして追加することが可能だ。

内蔵ストレージの容量が足りない場合には、メモリーカードを使っての拡張にも対応する。Unityで作成した自作アプリを使用したり、360度カメラで映像を撮影したメモリーカードを差し込んでその映像を確認したりといった使い方もできる。

EXCHIMP AI1の価格

支援者に提供されるもの

製品として販売されるEXCHIMP AI1は399ユーロ(5万円)になる予定だ。

モバイルVRヘッドセットほど安くはないが、PCやコンソール機を必要としないのでシステム全体の価格としてはそこまで高くもない設定である。フレームレートは低めだが、高い解像度を考えれば割安と言えるだろう。

支援者に向けて割安に製品が手に入るプランが用意されているので、早期に支援を行えば最大42%オフでEXCHIMP AI1が入手できる。

支援プラン

最も安いプランでは199ユーロ(2.5万円)があったのだが、このプランは既に150人の上限に達してしまっている。

現在申し込めるのは229ユーロ(2.8万円)のプランだ。こちらは250人分が用意されており、まだ82人分の枠が残った状態となっている。これに間に合わなければ249ユーロ(500人限定)、269ユーロ(申込数無制限)と段階的に価格が上がっていく。

他に、複数のヘッドセットが含まれるバンドルや創業者のワークショップに参加する権利もある。

支援時の注意

Kickstarterのコメント欄でも話題になっているが、価格には送料や税金といったものが含まれていない。発送は中国からになるようだが、送料については削減のために調整を進めているようだ。

フレームレートの低さやコントローラーがジェスチャーに対応したものではなく、ただの有線リモコンであることにも注意が必要だ。ハイエンドVRヘッドセットに比べると低いフレームレートは映像の滑らかさを下げるだけでなく、チラツキによって気分が悪くなるなどの悪い影響を及ぼす可能性もある。

このプロジェクトは既に目標金額の2倍近くを達成しており、まだ期限まで40日以上が残っている。支援がさらに集まれば、こうした性能の向上がなされることも考えられる。

少々不安が残るところも含めてクラウドファンディングらしいVRヘッドセットのプロジェクトであり、今後が楽しみな存在だ。

 

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/exchimp-kickstarter-all-in-one-vr/

参照元サイト名:Kickstarter
URL:https://www.kickstarter.com/projects/sunnybag/exchimp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。