VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

『Facebook Spaces』のVR空間からライブ配信が可能に - VR Inside

『Facebook Spaces』のVR空間からライブ配信が可能に

     

VR空間からのライブ

VR空間でのできごとをライブ配信できる

Facebookが開発するOculus Rift用のコミュニケーションアプリ『Facebook Spaces』。

ソーシャルVRプラットフォームを狙うこのアプリには、VR空間で友人と一緒に自撮りを行ってFacebookに公開するといった機能が用意されている。今回のアップデートで、写真だけでなくVR空間からのライブ映像を配信することも可能になった。

体験を共有する

Facebook Spacesのプロダクトマネジメントにおける責任者、Mike BoothはFacebook Newsroomの記事でこの新しい機能を紹介している。

ライブビデオ機能によって、Oculus Riftを持っている友人はもちろんスマートフォンやタブレットからFacebookを利用している友人ともVR空間での体験をリアルタイムに共有することが可能になる。

バーチャルカメラを使って映像配信

VR空間でバーチャル自撮り棒を使う

Facebook Spacesには、VR空間で自撮りするためのバーチャル自撮り棒もある

Facebook Spacesでは、友人と一緒に自分のアバターを撮影して共有するためのバーチャルな自撮り棒が用意されていた。

ライブ配信を行う場合もこれと同じ要領で、バーチャルなカメラを使って映像を撮影することになる。このカメラは好きな場所に設置できるので、アバターの一人がずっとカメラマンになる必要もない。

生放送に参加する

VR空間からのライブ配信に参加する方法は、Spacesにログインして相手と同じ場所に行くことだけではない。もちろんアバターを出演者にすることもできるが、スマートフォンやタブレットといったFacebookアプリに対応した端末からコメントや絵文字を送信することも可能だ。

投稿したコメントや絵文字は、VR空間に居る配信者にも、それを視聴する他のユーザにも見えている。配信者によっては、コメントに対してリアクションをしたり、質問に答えたりといった利用法をするかもしれない。

投稿されたコメントをVRオブジェクトとして空間に表示することも可能だ。こうすればカメラからよく見えるところに議題を貼り付けたり、気になる意見を掴んでコメントを返したりといった使い方ができる。

VRをあらゆる人に

VR空間でライブ配信を開始

VR業界で常々言われているのが、「VRデバイスを所有するユーザが少なすぎる」ことだ。ようやく中小規模のVRゲームデベロッパーがメーカーの資金提供を受けなくても利益を得られるようになってきたとされているが、VRデバイスの普及率はいまだに低い。

特にFacebook Spacesを利用できるOculus RiftのようなハイエンドVRヘッドセットは本体や対応するパソコンの価格も高く、デジタルガジェット好きやコアゲーマーでなければ購入を決断しにくいだろう。

VRデバイスなしでVR

Facebook Spacesのライブ配信機能は、VRの楽しみをVRデバイスを持たない消費者にも届けるものだ。

この機能を使えば、Facebookユーザが一般的に利用している端末からでもVR空間でのイベントに参加することが可能になる。Oculus Riftを持っている友人たちのVRパーティーに参加できずに寂しい思いをしていたユーザにとっては、嬉しいアップデートだ。

「そもそもOculus Riftを持っているFacebookの友人なんて居ない」という層にはあまり恩恵のないアップデートだが、VRデバイスが普及すればその状況も変わるのだろうか。

他デバイスへの対応

ライブ配信への参加者という形であれば、VRデバイスがなくてもFacebook Spacesを利用することができる。だが、その機能をフルに楽しむにはOculus RiftとTouchが必要だ。

ちょうどSummer of Riftのセールで、Oculus RiftとTouchのセットが5万円で販売されている。Facebookとしてはこの機会にOculus Riftを買ってSpacesを利用してほしいというのが本音だろうが、他のVRデバイスからSpacesを利用することはできないのだろうか?

現時点では、Spacesを動作させられるデバイスとしてHTC Viveが挙げられている。ハックツールのReviveを使った非公式な方法であり、完璧な動作ではないが起動は可能なようだ。

Facebook Spacesはまだベータ版なので、いずれは他のVRプラットフォームにも対応するのかもしれない。

利用者が多く、OculusのパートナーでもあるサムスンのGear VRのようなモバイルVRプラットフォームで利用できるようになれば一気にSpacesの利用者が増加するはずだ。

 

参照元サイト名:Facebook Newsroom
URL:https://newsroom.fb.com/news/2017/07/live-from-facebook-spaces/

参照元サイト名:Road To VR
URL:https://www.roadtovr.com/facebook-spaces-now-lets-broadcast-live-vr-facebook-capable-device/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。