VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ARの普及に貢献するFacebookとSnapchat - VR Inside

ARの普及に貢献するFacebookとSnapchat

     

アメリカにおけるARユーザ数の変化

ARユーザは増加を続ける

市場調査会社のeMarketerは、アメリカの消費者にVRの普及が進んでいないとするレポートを発表している。このレポートはVRだけでなくARについても扱ったもので、2016年から2019年にかけてそれぞれを利用するユーザの数がどのように変化していくかを予測したものだ。

eMarketerのレポートでは、ARがVRよりも順調にユーザ数を伸ばしていくと考えられているようだ。その後押しとなっているのが、FacebookとSnapchatの存在である。

FacebookはVR業界でもメジャーなプレイヤーとなっているが、AR業界にも大きな影響力を持つ。

ARの普及

HoloLensを付けた女性

eMarketerはレポートの中で、月に1回以上ARを利用する消費者をARユーザとして定義している。

2016年、アメリカでこの定義に当てはまるARユーザは3,070万人だった。2017年には4,000万人に達すると予測されており、増加率は30.2%だ。

簡単なコンテンツの強さ

この増加を支えている企業がFacebookとSnapchatである。Snapchat LensesとFacebook StoriesがARの成長の大きな要因になると考えられている。

ちょうど、360度映像がVRの普及を牽引してきたのと同じ構造だ。シンプルな360度の映像は、長編VRゲームやインタラクティブなVRビデオよりも簡単に作ることができる。現在に比べデベロッパーが少なかった初期のVRでは、こうした映像コンテンツの役割が特に大きかった。

Snapchat LensesとFacebook Stories

Snapchat Lensesは複雑なサービスではない。Snapchatで送信するビデオメッセージにARを使った特殊効果を付けられるだけだ。だが、このシンプルなサービスがAR利用の大半を占めているとeMarketerのアナリスト、Chris Bendtsenは語る。

「我々が想定しているARユーザの大部分は、Snapchat Lensesを使っているユーザです。Snapchatの成長は、今後もARユーザの増加に貢献し続けるでしょう。

ただ、eMarketerとしてはFacebookにも注目しています。この先の数年間でFacebook StoriesがARを成長させる大きな原動力になると期待しています。Facebookには現在も多くのユーザがいるので、その影響力は大きいでしょう」

Facebookの提供するFacebook Storiesは写真や動画に特殊効果を付け加える「フィルタ」機能を持っている。これはARの技術を利用したもので、持っている機能はSnapchatのものとほとんど変わらない。

機能そのものの有望さはSnapchatが既に証明しているので、元々のユーザ数が多いFacebookで利用できるようになることで多くのユーザに受け入れられると考えられている。

2019年に向けて

20170517_arcamera_2

ARユーザ数の増加ペースは鈍くなると予測されているものの、ユーザ数そのものは2019年に向けてさらに増えていく見込みだ。SnapchatやFacebookのサービスが背中を押す形になることに加え、デバイスの価格が安いことも影響する。

VRよりも価格が控えめ

VR技術を使った質の高い体験をするためには、高価なVRデバイスとそれに見合った処理能力を持つマシンを用意しなくてはならない。体験の質に妥協してスマートフォンを使うモバイルVRを選ぶとしても、かなり新しい高機能な端末でないとDaydreamやGear VRといったメジャーなプラットフォームには対応していない。

ARであれば、処理能力の高くないスマートフォンでも十分動作する。AR技術を利用した無料のアプリも多く、使い始めるためのハードルが非常に低いのだ。問題になるのは、一度アプリを使ったユーザがその後も利用するかどうかである。

業務用に開発された専用の高価なARデバイスも存在するが、一般の消費者に技術を普及させるのはスマートフォンで使えるARアプリだろう。

増えるAR利用者

ARユーザは、2019年の末までにアメリカで5,440万人まで増えると予測されている。これはアメリカの人口の16.4%にあたる。あるいは、インターネットユーザの5人に1人がARを使うと表現しても良い。

今後もARを活用した新しいサービスが登場すると考えられるので、その人気によってはこの予測を大幅に上回る消費者がARを利用するようになることもあり得る。消費者向けのARはデバイスの制限を受けにくい分、コンテンツの良し悪しがその将来を決めることになりそうだ。

 

参照元サイト名:eMarketer
URL:https://www.emarketer.com/Article/Snapchat-Facebook-Fuel-AR-Growth/1015892?ecid=NL1001

参照元サイト名:Seeker
URL:https://www.seeker.com/tech/gadgets/augmented-reality-viewership-in-the-us-expected-to-reach-40-million-in-2017

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。