VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Oculus、FacebookのVR動画ライブストリーミングサービスなど、その他アップデートや新機能追加を発表! - VR Inside

Oculus、FacebookのVR動画ライブストリーミングサービスなど、その他アップデートや新機能追加を発表!

   

Oculus Events-image

OculusOculusプラットフォームに関するアップデート、そしてOculus Eventsなどの新機能追加を、Facebook Livestreamingサービスリリースと共にブログポストで発表した。

まず、Oculusのソーシャルプラットフォーム「Oculus Rooms and Parties」の2Dコンテンツが追加、360°動画サポート、ビデオサーチなどが、1.2アップデートで追加されており、Gear VRにはゲームなどのイベントへの参加が楽しめる、「Oculus Events」機能がされている。

そして、FacebookではVR体験の動画をライブ配信できる「Facebook Livestreaming」サービスが開始された。

360°動画などOculus Rooms 1.2アップデート

invansion-image

「Oculus Rooms and Parties」の1.2アップデートがリリースされた。

Oculus Rooms and Partiesは昨年リリースされたOculusのソーシャルVRプラットフォームで、友達や家族で様々なコンテンツが楽しめる。

今回のアップデートでは、今まで視聴できた2DコンテンツセレクションにVimeoからのミュージックビデオなどが追加され、無料で見れるビデオコンテンツのセレクションがより豊富なものとなった。

さらに、2Dビデオのセレクション拡大に加え、Baobab Studiosの「Invasion!」などの360°動画も新たに見れるようになった。

360°動画サポートと共に新しく追加されたドーム型のディスプレイで他の人が見ているコンテンツなどもチラ見できる。

また、アップデートではビデオサーチ機能も追加され、コンテンツが前より探しやすくなっている。

TVエリアの「Search」を選択し、Facebookでもコンテンツの検索ができる。

そして、マイクボタンをタップすれば英語限定になるが、音声認証でもサーチが可能となる。

Oculus Rooms and Partiesにはこれからも継続してこのような新機能が追加されていく予定だ。

モバイルVRエコシステムを使い、Oculus Eventsで友達とつながろう

Oculus Events-image

OculusはOculus Roomsのアップデートと共にOculus Homeの新機能「Oculus Events」をGear VR対応で発表した。

Oculus Eventsはイベントを探して、Gear VRで他の人と交流ができる新機能で、英語版がすでにリリースされている。

Oculus Homeでイベントのハイライトが確認でき、イベントタブではOculus Eventsのリストが見れる。

イベントの内容はマルチプレイヤーゲームの対戦や協力プレイ、ゲームのトーナメントなどに加え、テクノロジートークや、トリビアなどゲーム以外の役立つコンテンツが用意されている。

さらにイベントの中で気になるものがあればリマインダーをセットできるため、イベントをリマインダーにセットしておけば忘れていてもイベント開始と同時に参加ができる。

サンプルイベントとして「Casino VR Poker」のスーパーターボポーカートーナメントなどのイベントがリリース日と共に開始されているため、気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

VR体験をFacebookのライブストリーミングでシェア

facebook-livestreaming

Facebook Livestreamingサービスが開始された。

このストリーミングサービスではGear VRからダイレクトにバーチャル空間での体験をFacebook上で友達や家族にシェアできる。

やり方、はUniversal MenuのLivestream to Facebookボタンを選択すれば、Facebookライブストリーミング動画がシェアできる。

Facebook Livestreaming-how to

これでFacebookを通してVRゲームのプレイ動画を生中継したり、VR動画などを友達と一緒に楽しむことができるようになった。

音声認識機能の追加

oculus home-image

Oculus RiftとGear VRの両方で、音声認識機能Oculus Voiceが使えるようになった。

先ほど説明したビデオサーチなども含め、ゲーム、アプリ、コンテンツの操作が直感的に音声でできるようになる。

英語版Oculus Voiceが3月10日から導入されている。

なお、この機能が発表されているブログポストには日本語版など、この機能の他の言語対応については特に言及されていない。

参照元URL: https://www.oculus.com/blog/introducing-rooms-12-and-oculus-events-for-gear-vrplus-a-look-at-facebook-livestreaming-and-oculus-voice/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。