VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

シューティング要素もある絶体絶命の宇宙探索アドベンチャー「Far Space」を紹介 - VR Inside

シューティング要素もある絶体絶命の宇宙探索アドベンチャー「Far Space」を紹介

        2017/06/11

Far-Space

今回は日本語対応のVRスペースアドベンチャー「Far Space」(ファー・スペース)が登場したので紹介したい。

198円という低価格にも関わらず高クオリティと簡単操作で宇宙の危機感を臨場感たっぷり味わえるぞ。更に、今なら40%オフで118円だ。

缶コーヒー以下の値段で宇宙に行ける。偉い時代になったものである。

というわけでまずはこのゲームをプレイレビューしてみよう。

Far Spaceとは

Far Spaceは宇宙船からの脱出や探索、とスペースVRシューティングの2つの要素があるアクション・アドベンチャーだ。

プレイヤーはゲーム開始時、異形の生命体に襲われた宇宙船を脱出し、深遠なる宇宙を冒険することになる。他の宇宙飛行士を見捨てたり、あるいは敵へと寝返る可能性のある、過酷な状況が待ち受けている。たどり着いたコロニーを探索する…。

HTC Vive、Oculus RiftOSVRに対応。なにより198円(セール中につき、現在は118円)という価格設定にもかかわらず脅威のグラフィック。VR環境があるなら、お試し価格として即ダウンロード確定なクオリティではある。

探索アドベンチャーとVRシューティング、2つのゲーム性が楽しめる

冒頭、即危険な状況にさらされる。ネタバレになってしまうが、その後、仲間を助けるか見捨てるかの選択を強いられることになってしまう。そして選択肢を間違えると、即、ゲームオーバー。死にゲーか!

ss_aa3e6598916b285f1c037650dec6c03cb99bd7c9.600x338

そしてそこからは…もはや「かまいたちの夜」のごとく、びっくり展開が序盤数分で応酬される。このスピード感にこそ本作「Far Space」の醍醐味があると言えよう。

そして、宇宙空間の移動はVRシューティングゲームの形式で行われる。こちらはレーザーを撃つ宇宙船をヘッドマウントディスプレイの視点操作で操り、コロニーまでたどり着くというものだ。

ss_7ba496a8770b64f9bcd52a21d4b9f293b7318371.600x338

ハンドコントローラーを必要としない操作性

ss_005f14579bea40101e2c9076cdfa711e19f198ba.600x338

本作はアドベンチャーでの行動選択も、シューティングの移動や攻撃も、VIVEやOculusのハンドコントローラーを使わずに、すべてHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の視点移動でできるようになっている。

これは、Gear VRなど、スマートフォンでのVRゲームで主流の操作方法だ。選択肢を選ぶ場合は「逃げる」「見捨てる」などの行動を一定時間見つめることで、プレイヤーは行動を選択していく。

言葉にしてみると面倒な作業に思うかもしれないが、実際やってみると、あんがい直感的に動かせるので、操作方法で困ることはないと思う。

また、カタコトではあるが日本語に対応している親切設計も嬉しい仕様。翻訳は雑、というかテキトーなつくりだが、まあおまけ程度のものだと考えて欲しい。

細かいニュアンスを味わいたい場合はメニューから英語でのプレイをオススメしたい。

無重力をも再現したカメラワーク!?

3

Far Spaceを一言で言い表すなら、ほぼワンコインの価格でありながら、圧倒されるほどの相当な臨場感にあるだろう。このお得感は異常。

きちんと自分の宇宙服も描かれているし、宇宙服の液晶画面を見つめるとメニュー画面になるというシステムと世界観が合致した演出は面白い。

そりゃあ大作ほどの超美麗なグラフィック、とはいえないが、ミニゲームにとどまらない十分なクオリティだと思う。

VR酔いにはご用心

ただ、プレイヤーは360度、縦横無尽に移動する、スピード感あるカメラワークに耐えうるパワーを要求されることになるだろう。

ss_9b91ae05daf2135037ed9bbc2525d124bcaa5b68.600x338なるべく作品の面白い点を紹介したいが、VR酔いはしない、などとはさすがに言えない。そりゃあ、真の宇宙飛行士ならVR酔いなどしないかもしれないが…。

まあ、VRはおろか、液晶でのFPSですら酔ってしまう筆者の修行が足りないのかもしれない。まあ、もしかして、VR技術は無重力をも体現できるのか?と感動したものである。探索モードはかなり酔いやすいので、休憩しながらのプレイをオススメしたい。

実はシューティング部分は逆にスピード感がないため、安心してプレイすることができた。とは言え迫る宇宙生命体や隕石はおもわずプレイしながら「オワァッ」「ヤベエエッ」と声を漏らしてしまった。美しい地球に見惚れる暇は…まああるけどそんなにはない。

シューティング部分はむしろおまけ程度で、むしろ宇宙船の探索はすぐゲームオーバーになる「死にゲー」感もあり、「シャドウゲイト」とかのアドベンチャーを思い出してしまった。

また、宇宙生命体ではなく、仲間だと思っていた宇宙飛行士との戦闘もある(あー、ネタバレしてしまった…)。この「かまいたちの夜」で彼女がストックで襲い掛かってくる!かのような予想外の展開!ここにこそ本作の面白さがある。

Far Space詳細

タイトル Far Space
開発 Alexey Glinskiy
日本語対応 あり
ジャンル アクションアドベンチャー
リンク http://store.steampowered.com/app/594730/Far_Space/
Twitter https://twitter.com/_GearGuns_
Facebook https://www.facebook.com/gearguns

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Takanomerde

Writer: 1984年生まれ。多感な時期にファミコンから家庭用ゲームの黎明期・黄金期を体験して過ごす。ゲーム音楽に多大な影響を受けたギタリストでもある。