VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

NVIDIA、VRコンテンツのパフォーマンス計測ツール「FCAT VR」のリリースを発表! - VR Inside

NVIDIA、VRコンテンツのパフォーマンス計測ツール「FCAT VR」のリリースを発表!

     

NVIDIAがVRコンテンツのパフォーマンスとクオリティーが計測できるフレームアナリシスツール「FCAT VR」をリリースすることを発表した。

FCAT

FCAT VRとは

FRAPSなどの従来のパフォーマンス計測はVRコンテンツよりデスクトップモニターを計測するのに作られていたため、フレームレートに特化しており、カクつきやレイテンシーなどVRコンテンツに影響の大きいものは計測しない。

しかし、カクつきとレイテンシーはVRにとってコンテンツのクオリティを損ない、VR酔いの原因となりかねない重要なポイントで、このFCAT VRはそれらの計測ができるように作られたVRアナリシスツールだ。

FCAT VRはNVIDIAが2013年にリリースしたフレームアナリシスFCATがベースになっており、それにVRヘッドセットのフレームタイムとカクつきなどのパフォーマンス計測機能が追加されている。

対応はOculus RiftとHTC Viveだ。

仕組み

VRでのレンダリングは通常のレンダリングより複雑で、GPUもより高画質のレンダリングが必要になる。

そしてハイクオリティVRコンテンツには高くてぶれない規則的なフレームレートとレイテンシーの低さが不可欠だ。

高いレイテンシーはフレームを下げるまたは不規則にするため、VRコンテンツのクオリティも下がってしまう。

そのためこのツールはそのフレームレートとレイテンシーに関係する以下の4点を計測する。

  • ● フレームタイム
  • ● フレームドロップ
  • ● ワープミス
  • ● シンセサイズドフレーム

計測と結果

FCAT VRはパフォーマンスの計測を行うソフトウェアのFCAT VR Captureと計測したデータをアナライズしわかりやすくビジュアライズするFCAT VR Analyzerのセットとなっている。

FCAT VR Capture
FCAT VR Capture

FCAT VR Analyzer
FCAT VR Analyzer

FCAT VRは3月中にはリリースされる予定だ。

参照元URL: https://blogs.nvidia.com/blog/2017/02/28/fcat-vr/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。