VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ARマーケットは2024年までには約11兆に!FinancialBuzz、ARに関するリサーチを公開

   

フィナンシャルニュースサイトFinancialBuzzがAR産業の成長に関するリサーチを発表した。

SmartEyeglass

本リサーチの内容を紹介する。

AR産業の成長に関するリサーチの概要

リサーチによれば、ARマーケットは2024年には1000億2400万ドル(約11兆4400億円)にまでの大きさになると予想されている。

テクノロジーが成長するにつれ、ARのデバイスも豊富になっており、スマートフォンと似たような、スマートグラスと呼ばれるデバイスがリリースされている。

さらにARテクノロジーも様々なものに使用され、カメラ、スマートフォン、GPSナビゲーション、スピーカーなどのプロダクトに使われている。

リサーチはARテクノロジーがエンターテインメントとして主流になると予想しており、ハードウェアテクノロジー、モバイルソフトウェア、そしてInternet of Things (IoT)フィールドがニーズの増加に貢献していると示している。

Vuzix Corporation, Intel Corporation, Microsoft Corporation, Facebook Inc, Sony CorporationはARにおいてのメジャー企業としてあげられている。

Vuzix

VuzixはAR/VRテクノロジーを使った様々なプロダクトを提供している。

現在、特許を49個取得しており、43個が申請中である。

その他にも、ビデオアイウェアのフィールドでIPライセンスをいくつも取得している。

同社はCESで2005と2016年のワイヤレステクノロジーをはじめ、いくつもの賞を受賞している。

CES 2017では賞を受賞したBlade 3000 Smart Glassをデモンストレーションした。

Intel

Intel CorporationはIntelのRealSense 3Dカメラを使用したARテクノロジーで現実世界にデジタルレイヤーがかぶるDagri Smart Helmetを最近発表している。

同社はARに力を入れており、Dagri Smart Helmetを始め、RealSense 3Dカメラを使用したプロダクトを開発中だ。

Microsoft

ARテクノロジーを使い、3D効果を現実世界に重ねることができるHoloLensを開発している。

他にもMagic LeapとMRプロダクトも発表している。

HoloLensは着実に人気をあげており、ARの主流になりつつあり、AR産業の中でももっとも勢いがあるといえる。

Facebook

CEO Mark Zuckerberg氏に確認されているとおり、AR産業に参入しようとしている。

Zuckerberg氏は「10年以内はOculus Riftの現在のような状態がARに来る」と話しており、今後の動向に注目が集まっている。

Sony

スマートグラス、SmartEyeglassのデベロッパーバージョンのスマートグラスを制作している。

SmartEyeglassはメガネを通して物が見えるデバイスで、内蔵カメラでトラッキングや、タッチセンサー付きのコントローラーはセットになっているARデバイスだ。

SmartEyeglassはすでにデータなどが公開され、アプリクリエーターがSmartEyeglassデバイス対応のアプリが制作できる環境を整えている。

参照元URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/augmented-reality-moves-into-the-mainstream-arena-610386175.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

 関連記事