VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VRで“煙に巻かれる”防災体験をして災害に備えを!「防災VR/火災編」提供開始 - VR Inside

VRで“煙に巻かれる”防災体験をして災害に備えを!「防災VR/火災編」提供開始

     

VR、MR事業を手がけているアイデアクラウドは、防災関連イベントや防災教育や訓練などで利用できる“煙に巻かれる”を体験できる「防災VR/火災編」の提供を開始した事を発表した。

今回の提供では、災害時の状況を事前にVR上で体験することで、実際の災害に備え有事の際の対応を可能とすることを目指してる。

この季節特に火災事故も多く、事前にVRで体験することで災害被害が少しでも抑止出来れば、非常に貴重なコンテンツになる可能性があると考える。

headimage

 

実際の「防災VR/火災編」体験の流れ

実際に煙に巻かれる体験は日常ではほぼ遭遇する事はなく、有事の際に初めて体験する事象である。「防災VR/火災編」では、ルームスケールに対応したHTC Viveを利用することで、実際に煙が充満した部屋から脱出する体験をすることが可能である。

5d3b707121

1.煙が充満した部屋の中央からスタート
2.四方のいずれかの壁にランダムに脱出口が生成される
3.煙が充満しているため、しゃがみこまないと脱出口を探せないため、しゃがみ込む
4.煙は時間の経過と共に部屋全体を覆っていく
5.脱出口にタッチするとクリア

体験時間は、おおよそ30秒~1分ほどで、沢山の人に体験してもらえるように、体験時間を短くシンプルに作られている。

防災VR/火災編 WEBページ:http://ideacloud.tokyo/project/003.php

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら