VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

ダズル、 最大4人協力プレイが、VRマルチプレイFPS『Rays』の開発を発表 - VR Inside

ダズル、 最大4人協力プレイが、VRマルチプレイFPS『Rays』の開発を発表

        2017/04/26

株式会社ダズルが開発中の新作VRゲーム「Rays」の体験版を、公開することを発表した。

「Rays」は、HTC Vive向けで、最大4人協力プレイが可能な、VRマルチプレイFPSタイトルとなっている。

domi_key_20170405-01

最大4人協力プレイ可能!マルチプレイFPSとは

「Rays」は、VRマルチプレイFPSとして現在開発が行なわれていると公表されている。
本ゲームは、最大4人まで同時にプレイすることが可能で、マルチプレイというFPSならではの醍醐味を実現しているという。
ダズル代表取締役CEO山田泰央氏は、某有名FPSゲームで日本一になった経歴などがあり、ダズル社内にも数多くFPSゲームファンが在籍しているようで、これまで「オハナちゃん」や「Ninja and Princess」など、VRでのFPSタイトル開発に数多く取り組んできている。
VR特有の操作性を最大限活かすようにしており、より楽しんでもらえるような、本格派FPSタイトルを開発している。
詳細に関する情報は、現在非公開になっており、随時公開していくと発表されている。

過去リリースタイトルの関連記事

【Gear VR】ダズル、忍者になり、お姫様を救出する!VRシューティング「Ninja and Princess」がリリース

VR本格派FPS「Ninja and Princess」エンドレスモードにランキング実装!

ストーリー

舞台は未来──人間とアンドロイドとの対立によって、 世界は混沌としていた。
この戦いに巻き込まれた兵士、 そして仲間たち。 迫りくる敵を仲間との連携で倒し、 進め!
君たちはこの戦線をくぐり抜けることができるか──。

VRI Meetup Tokyo #2にて「Rays」体験版出展

2017年4月7日(金)にVR Inside主催のVRI Meetup Tokyo #2にて、「Rays」体験版が出展され、プレイを行うことができる。
今回のVRI Meetup Tokyoでは、「動画系パブリッシャー必見」と題して、3大動画プラットフォーマーがパネルディスカッションが行われる。
また、スペシャルゲストとして、ダズル社と共同で「笑うVR研究部」を発足した、松竹芸能様所属アメリカザリガニの平井 義之氏も登壇する予定である。

【イベント概要】
■イベント実施日
2017年4月7日(金)19時スタート

■実施場所
夢エデュケーション 銀座キャンパス [ イベントパートナー]
〒104-0061 東京都中央区銀座1-6-2 銀座Aビル 3階
詳細はこちら:http://vrinside-meetup-tokyo-2.peatix.com/

当日のブース紹介記事

【VRI Meetup Tokyo #2】VR映像がメインとなった全5ブースを一挙にご紹介!

ダズルとは?

株式会社ダズルは、VRプロダクト分析サービスの「AccessiVR(アクセシブル)」を軸にVR事業を行っている企業である。

■AccessiVRに関するインタビュー記事
ヒートマップからVRコンテンツの改善を行える「AccessiVR(アクセシブル)」開発インタビュー
2016年からVR 領域への本格的に参入しており、2016年5月、2017年2月に、合わせて3.5億円の資金調達を実施している。

■資金調達に関連する記事
ダズル、” 2億円の増資でVR事業加速 ”VRプロダクト分析サービス「アクセシブル」クローズドβ提供開始

更に、VR受託開発にも積極的に取り組まれている。

今まで、主軸にしてきたスマートフォンゲーム開発・運営事業は、さらなる拡大を図っていきながら、今後、成長が大きく見込まれるVR市場で技術力を磨いていくと発表されている。

会 社 名:株式会社ダズル(http://dzl.co.jp/
本   社:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-17-14 MSD20ビル2F
代 表 者:代表取締役CEO 山田 泰央
創   立:2011年
資 本 金:4億1198万円(資本準備金含む)
事 業 概 要:VR(仮想現実)サービスの提供/スマートフォンゲームの企画・開発・運用事業/受託開発・研究開発事業

「AccessiVR(アクセシブル)」とは?

ゲームなどの、VRプロダクト運用のPDCAサイクルの循環をサポートする、デベロッパー向けの解析ツール。

VRプロダクトを開発・運営をおこなっているデベロッパー企業様に対して、既存にリリースされている、分析ツールだけでは、対応できない、VR特有のデータ収集・分析機能を提供するツールになっている。

予算や施策などの、スケジュール管理を行う機能も提供されており、運用計画から実行及び、データ分析、プロダクトの改善までをシームレスにワンストップで対応している、VR向けのサポートツールとなっている。

「AccessiVR(アクセシブル)」公式サイト

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら