VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Google Daydream Viewレビュー。Pixelを持っていれば79ドルでより深いVR体験ができるデバイス

   

VRSourceでGoogle Daydream Viewのレビューが公開されたので紹介する。

デザイン

Day Dream Viewの外観

GoogleのCardboardは安価で誰もが利用できた。しかし人間工学に基づいておらず、快適とは言いがたいものだった。喜ばしいことに、今回Googleはこの二つの点を以前よりも気にかけている。Daydream Viewは、他のヘッドセットの画一的で時にSFのようなデザインとは異なり、一般的な服装に合わせやすいものとなっている。デザインは衣服から影響を受けており、見た目と感触において「フレンドリー」なものと言える。

Googleが「テキスタイル」と呼ばれる通気性ある素材を選択したことに拍手を送りたい。柔らかな布地は、肌や目の周囲に気持よくフィットする。この素材が醸しだす一貫性は、Samsung Gear VRの試作品的なデザインやCardboardの未熟さと比べて外観の点ではるかに魅力的なものとなっている。

Day Dream Viewのストラップ

しかし、Daydream Viewには頭に合わせて調節可能なストラップが一本しか付いていない。そのため、付けている間に「ズレる」ことがあり得る。Google Pixel XLをこのヘッドセットに装着すると、端末の重みで重心が前に来る。すると手で支えなければいけなくなるのが厄介な点だ。もちろん、この設計上の欠点は頭の上を通る別のストラップを付けるだけで改善することができる。

Day Dream View裏側

外装を布にするという決断の方向性は素晴らしいものだ。しかし、正しい位置にヘッドセットを維持するためにストラップを何度も調節しなければならないのは問題である。優れたデザインではあるが、一つの欠陥が目立ってしまっている。

セットアップ

Day Dream Viewコントローラ

Google Daydream Viewのセットアップは、何もすることがない。Google Pixel XLが正しい位置に固定されると、センサーが自動的にDaydreamアプリを起動する。後は、ヘッドセットに同梱された新型コントローラーのホームボタンを押したままにするだけで良い。

しかし、このコントローラーについては触れておくべきだろう。コントローラーは小型なので、必要がないときにはヘッドセットの内側に入れておくことができる。直感的で表現力に優れた操作を提供し、VRの世界でできることを増やしてくれる。タッチパッドを備えているだけではなく、普通のホームボタン、戻るボタン、音量調節ボタンがある。さらに、動きを感知することもできる。任天堂のWiiリモコン、DualShock 4、さらに言えばHTC Viveコントローラーといった他のモーションコントローラーと同様のものだ。

キャリブレーションが終わると、自動的にDaydream Homeに移動する。ここには、ダウンロードした全てのアプリやコンテンツが表示される。目下のところ、このポータルがDaydream対応アプリをダウンロードする唯一の方法である。Google Play Storeにはまだアプリをダウンロードする場所が無いため、VRインターフェイスを使わなければならない。

VR体験

Daydream Viewを持っている画像

Daydream Viewが頭脳と言えるGoogle Pixel XLを操作するための「入れ物」であることを考えると、Cardboardを含む他のモバイルVRで得られる体験と大きく異なるわけではない。Daydreamのアプリやその体験が限られている現在のところ、これまでのモバイルVRと同じ性質を持つものと言える。そのため、まだ体験は静的なものである。座っているか、または立っている状態で周囲を見回すことしかできない。

VR体験について込み入った話をする前に、バーチャル世界を見せてくれる二つのレンズについて軽く触れておく。モバイルデバイスのQuadHD解像度が主流である現在のところ、これといった不満はない。さらに、レンズは狭いと感じさせないだけの広い視野を提供してくれる。短時間使用してみた限りでは、気分が悪くなるようなこともなかった。これは、Google Pixel XLの処理能力とスムーズな動作によるものでもある。

Daydream Viewのレンズ

VR体験についての話に戻ると、Daydreamはいまだに現在のモバイルVRの制約から逃れられてはいない。静的な体験しかできないのだ。モーションコントローラーは確かに体験の質を向上させるものではあるが、結局のところ周囲を見渡すことしかできない。残念ながら空間移動のトラッキングについては進歩がなく、まだハードウェアの改善が必要となっている。

コントローラーは、他のモーションコントローラー同様にVR世界で機能する。各動作が正確に認識される。しかし、ヘッドセットの範囲から外に出てしまうと適切な応答が得られなくなる。ちょっとした制限ではあるが、一応言及しておく必要があるだろう。

モーションコントローラーは、間違いなくモバイルVRの体験をより優れたものにする。しかし、Gear VRやCardboardに似た体験であることも事実だ。複雑なVRシステムによって実現されているレベルには満たない。動的な体験については、他のモバイルVRシステムと同様であり、他のシステムにモーションコントローラーを追加するだけで達成することができる。

ゲームとコンテンツ

Daydream Home

11月10日の正式リリースよりも前に、いくつかのゲームやVR体験を試すことができた。時間が経てば、Daydreamを試した開発者たちがクールで革新的なコンテンツを作成することは疑いない。まだ始まりに過ぎないので、特別なレビューをすることはできない。

Youtube、ストリートビュー、Googleフォト、PlayムービーなどのGoogleアプリは、どれも期待通りに動作する。ストリートビューでは、遠く離れた場所にある名所を訪れることができる。あるいは、幼少時代の思い出の場所を訪ねることもできる。モーションコントローラーを使用して別の場所に移動できるだけで、歩きながら色々な風景を見られるわけではない。そのため、特別珍しいVR体験ではない。Playムービーでは、映画館の大スクリーンを再現することができるが、それ以上のものではない。

やはり、体験は静的なものになる。ヘッドセットが空間移動を認識することができないためだ。モーションコントローラーはストリートビューでの移動を便利にしてくれる。ヘッドセットにある複数のボタンを押すよりも優れているが、完璧なものではない。

モーションコントローラーを使う

ゲームに関して言えば、モーションコントローラーは便利だ。Wondergladeのようなゲームでは、ミニゲームの多くでモーションコントローラーを使わなくてはならない。消防士が使うホースにも、ミニゴルフのクラブにもなり、傾きによってボールを誘導することもできる。WondergladeによってVR世界においてモーションコントローラーが持つ潜在的能力が示されているといえる。

試した他のゲームでも、モーションコントローラーが使われている。Mekoramaではモーションコントローラで小さなロボットを誘導してパズルを解くことができる。シューティングゲームは変わり続けている。Hunter Gateは代表的なものだ。コントローラーのタッチパッドでプレイヤーキャラクターを移動させ、同時にコントローラーを使って敵に狙いを付ける。

これらのゲームは、モーションコントローラーの力を示している。しかし、これまでのところ小さな進歩でしかなく、VR体験全体がどのように変化するのかを予見するのは難しい。

結論

Cardboardはスマートフォンユーザの多くを初めてVRに触れさせたこと、安価であったことで非常に人気がある。Daydream Viewはダンボールではなく通気性のある素材が採用されており、モーションコントローラーも同梱されるのでもう少し価格が高くなる。79ドルという価格に驚くかもしれないが、競争に打ち勝つことができる設定である。

しかし、より重要なのは体験に新たな価値を付加することができるのかどうかである。初期段階でモーションコントローラーの能力を十分に引き出していると感じられるゲームは一つしかなく、あまり思わしい結果ではない。しかしながら、Daydream Viewがリリースされれば開発者たちが適したコンテンツを作ると考えられるのは前述した通りである。

最も重大なことは、静的なアプローチでしかないということだろう。位置のトラッキングができないことが、SonyのPlayStation VR、HTC Vive、Oculus Riftといった本格的なシステムとモバイルVRの決定的な違いとなっている。ここ数年のモバイルVRから大きく進歩しているわけではないので、今すぐGoogle Daydream Viewを手に入れることを勧めるのは躊躇ってしまう。しかしPixelを持っているならば、Cardboardよりも深いVR体験をするための79ドルは大金でもない。

参照元サイト名:vrsource
URL:http://vrsource.com/google-daydream-view-review-6202/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

 関連記事