VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【初めてのモバイルヘッドセット選び方】Merge VR、Google Cardboard/Daydream、Gear VR、モバイルベースのHMDガイド - VR Inside

【初めてのモバイルヘッドセット選び方】Merge VR、Google Cardboard/Daydream、Gear VR、モバイルベースのHMDガイド

     

今回はMerge VR, Google Cardboard, Google Daydream, そしてSamsung Gear VRとメジャーなブランドの中からモバイルベースHMDのガイドを紹介する。

headsetgallery

headsetgallery

Google CardboardとMerge VRはよく似ていると比較されるが、ユーザーインターフェイスと消費者のニーズにより大きな違いがある。

Cardboardはそのシンプルなクオリティで持ち運びやすく、使いやすいことで知られている。

しかしMerge VRはより多くの機能があり、ローメンテナンスヘッドセットとしてはより消費者のニーズに合わせたヘッドセットとなっている。

Samsung Gear VRとGoogle Daydremはライバルとされていおり、Gear VRがDaydreamに優っているところは先にマーケットに登場していることだ。

その分テストと調整に十分な時間がかけられており、消費者と開発者に合わせられている。

Daydreamはまだ発売されていないが、サポーターの豪華さがGoogleの新HMDという話題性と重なってはすでに高く期待されている。

これから各HMDの詳細を紹介していくので、ぜひヘッドセットを選ぶ際の参考にしてほしい。

Google Cardboard

Google Cardboardはもっとも使われてるHMDの一つだ。実用性よりも、その目新しさでよく知られている。

cardboard-image

携帯の互換性

Google CardboardはAndroidとiOSに対応しており、もっとも使えるスマホの種類が多いヘッドセットだ。

• Android 4.1 (Jelly Bean)かそれ以上で、NFC(Near Field Communication)にも対応している。
これにはSamsung Galaxy S5も含まれる。

•iOS iPhone 6かそれ以上

• スクリーンのサイズは4.7から5インチだったが、最新のアップデートでCardboard2.0ではそれ以上のスクリーンサイズのiPhone 6SとSamsung Note 5に対応している。

デザイン

Google Cardboardは全てのHMDの中でもっともシンプルなデザインだ。

そのためか、コマーシャル目的でよく他のブランドとコラボレーションもしており、デザインの種類も多い。

ダンボールでできているため、簡単に組み立てることができ、たった二個のレンズをつけるだけで、VR体験ができる。

さらにNFCチップを搭載しているため、スマートフォンを取り付けるだけで自動的にGoogle Cardboardアプリが開始されるようになっている。

マグネットがボタン代わりになり、スクリーンをコントロールできる。

今あるヘッドセットの中ではかなり軽量で小さく、学校などの多くの人が使うような場所にはうってつけのHMDと言える。

アクセサリー

イヤフォンかヘッドフォンの他にアクセサリーは必要ない。

コンテンツ

Google CardboardアプリとGoogle Play StoreまたはiTunesのゲームが全て対象になる。

動画系のコンテンツから、視線で操作するようなシンプルなゲーム、さまざまな会社がプロダクトのデモをするためのアプリなど、アプリの種類の数の多い。

コスト

さまざまなバージョンがあるので、どれを購入するかで値段は変わるが、だいたい1,000から1,500円ほどで、最も安いヘッドセットといっても過言ではない。

Merge VR

Merge VRは若い世代に人気があるHMDで、Google CardboardやGear VRに比べると知名度が少ない。

しかし、機能性はGoogle CardboardまたはGear VRと同等にある。

MergeVR

携帯の互換性

上ので述べたとおり、Google Cardboardと同じでAndroidとiPhoneの両方に対応している。

「2年以内にはほとんどのAndroidとiOSデバイスに対応する」と公式に発表されていて、ここ最近のVR人気より、多くの人が新しいスマートフォンに変えていることにも推されて、対応している携帯の幅は広く、これからも増える予定だ。

デザイン

目を引くパープルカラーはMerge VRの大きな特徴であり、他のヘッドセットと違うところだ。

硬めの素材でできているため、壊れるといった心配もない。

デュアルインプットボタンという新しい方法で、より直感的なデザインとなっている。

重要な機能ではないが、意外と便利な画面のくもりを防ぐための換気孔もある。

小さくて外せるコンパートメントがAR用についており、これも他のHMDにはないMerge VR独自のものだ。

Merge VR Goggles

アクセサリー

HMDについているボタンで全てがまかなえるため、アクセサリーは特に必要ない。

コンテンツ

これもGoogle Cardboardと同様で、Google Play StoreとiTuneのアプリは全て対応しており、コンテンツの種類は豊富だ。

コスト

12,800円と、Google Cardboardとだいたいの機能が同じなので、ちょっと高額に感じる価格だが、他のHMDが最新携帯にしか対応していなく、それらをセットとして考えると、まだリーズナブルな値段だ。

Samsung Gear VR

Samsung Gear VRはクオリティの高いHMDであり、始めてのVRをハイクオリティで体験したい人にはおすすめだ。

しかし、Samsungのスマートフォンを持っていることが必須となる。

Samsung Gear VR

携帯の互換性

前までは対応していた古いバージョンに対応しなくなってしまったので、現在はGalaxy S7, Galaxy S7 edge, Galaxy Note5, Galaxy S6 edge+, Galaxy S6 and Galaxy S6 edgeとなる。

デザイン

最新のGear VRはより快適なVR体験を追求し、デザインが変更された。

さらにスクリーンが大きくなり、前デザインでは使いずらかったサイドのボタンが、この新しいデザインではなおされている。

アクセサリー

種類は少ないがオプションとして、コントローラーなどのガジェットがある。

コンテンツ

Oculusのプロダクトであるため、Oculus Storeのコンテンツが対象となる。

そのため、より厳選されたクオリティの高いものが多い。

さらに、Gear VR対応のコンテンツが次々とリリースされるため、数も豊富だ。

コスト

新モデルの値段は全モデルと据え置きで$99で、日本での価格は明らかになっていない。

Google Daydream View

Google Daydream Viewはまだ発売していないHMDだが、そのためマーケットの中では一番最新のヘッドセットとなるはずだ。

 Daydream-View-Headset

携帯の互換性

Gear VRがSamsung Galaxyにしか対応しないのと同じで、DaydreamもDaydream対応のスマホでしか使用できない。

一番最初にリリースされるものではGoogleがDaydream Viewと同時に発表したPixelが、対応のスマートフォンとなる。

デザイン

プラスチックでもダンボールでもない、布製という新しいタイプのデザインで、ファッションと合わせてつけられるというのがGoogleのコンセプトだそうだ。

他の硬いものとは違い、付け心地がいいのも特徴だ。

そのうえ、コントローラーもセットになっている。

アクセサリー

コントローラーがついてくるため、アクセサリーを新たに購入する必要はない。

コントローラーは9DOF(自由度)と、とても反応の良いモーションコントローラーだ。

本体には収納するスペースのある。

 DaydreamController

コンテンツ

CCP Games、Warner Bros.、Climax Studiosと有名なスタジオがコンテンツのサポーターとして名を連ねており、これにさらにGoogle自身のコンテンツが加わる。

これらの他にも、たくさんのスタジオがゲームを制作しており、種類、クオリティともにかなり期待できる。

daydreamapps

コスト

アメリカでは11月12日に$79で発売されることが明らかになっている。

日本発売日、値段は未定だ。

参照元サイト名:vrfocus
URL: https://www.vrfocus.com/2016/11/a-guide-to-the-best-mobile-vr-headsets/, https://www.vrfocus.com/2016/11/a-guide-to-mobile-vr-google-cardboard/, https://www.vrfocus.com/2016/11/a-guide-to-mobile-vr-merge-vr/, https://www.vrfocus.com/2016/11/a-guide-to-mobile-vr-samsung-gear-vr/, https://www.vrfocus.com/2016/11/a-guide-to-mobile-vr-google-daydream/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。