VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

リアルな空間にホログラフィックな絵が描ける「HoloDooble」のデモ動画公開 - VR Inside

リアルな空間にホログラフィックな絵が描ける「HoloDooble」のデモ動画公開

        2017/04/27

海外メディアUploadVRは、2017年4月9日の記事において、Hololensアプリ「HoloDooble」のデモ動画を紹介した。

20170410_holoddble_1

Hololensアプリ「HoloDooble」を開発したCapitola VRは、クライアントから依頼を受けてアプリのプロトタイプ(試作品)を開発するという少し変わったビジネスを展開している企業である。同社が開発したプロトタイプアプリは、本メディアでも過去にHololensゴルフゲーム「HoloGolf」を紹介したことがある。

このほど同社は、また新しいHololens対応プロトタイプアプリを開発した。それがHololensドローイングアプリ「HoloDooble」だ。同アプリがどのようなものかは、言葉で説明するよりもデモ動画を見たらわかるだろう。

VRドローイングアプリ「Tilt Brush」のHololens版とも言える同アプリは、ユーザーの右腕の先にあるバーチャルなカーソルを、物理空間内で動かすとホログラフィックな描線が描けるようになっている。描線の描き方は、まず物理空間内の任意の点をタップすると描線を描くスタート地点が決まり、指をつまんだ状態で腕を動かすと描線が描かれ、指をはなすと描画が終了するようになっている。

描線の色と太さは、物理空間内にホログラフィックに表示されている設定画面から選択することができる。描画のやり直しや全消去は、「Undo」あるいは「Clear All」と言って音声コマンドを実行することによって可能となる。

同アプリはプロトタイプなので、実際にHololensアプリとしてリリースされることはない。しかしながら、同アプリの描画機能を多機能化かつ洗練させれば、まさにホログラフィックなTilt Brushになるだろう。また、特定の図形を描くことでコマンドが実行されるようなゲームアプリにも応用できそうだ。

いずれにしろ、Hololensはまだ製品版がリリースされていないのだが、同ARグラスのポテンシャルはVIVEOculus Riftに匹敵しているのではなかろうか。

Hololensアプリ「HoloDooble」のデモ動画を紹介したUploadVRの記事
https://uploadvr.com/hololens-holodoodle-prototype/

Hololensアプリをご紹介

「Smurfs: The Lost Village」

2017年4月7日にアメリカで公開されたアニメ映画「Smurfs: The Lost Village」のプロモーションの一環として開発されたHololensアプリを紹介した記事をご紹介。

このアプリは、Hololensによって見えるようになるアニメ・キャラクターのスマーフたちと、コミュニケーションできるアプリ。

記事:ソニー、映画のプロモーションとしてHololensアプリ「Smurfs: The Lost Village」を発表

ホロスコ

ハコスコを提供している、株式会社ハコスコがリリースしたアプリで、「ホロスコ」を使うことにより、Microsoft HololensのMR機能を用いて、現実空間の中にハコスコストアの、360°コンテンツを重畳させることが出来るようにる、VR体験とは異なる、現実空間と繋がる形の、新しい360°映像体験を提供される。

記事:ハコスコ、Microsoft MR端末「Hololens」対応のハコスコアプリ「ホロスコ」をリリース

MyLab

原子という小さくて、直接的には見ることが難しいモノを、ホログラムの技術を用いて観察して理解を深め学習出来るアプリとなっている。

細かく紹介すると、このアプリはホログラフィックな周期表と、周期表にある原子の視覚的なモデルから構成されているようであり、原子モデルは、中心にある原子核と、その原子核の周囲を回る電子が実際に動いて見えるアプリである。

記事:周期表と原子構造を可視化するHololensアプリ「MyLab」がリリース

HoloGiraffe

このアプリは、非常に面白い体験ができるアプリになっている、HoloLensを利用すれば、どこにでも何かを召喚することなどが可能なのは想像できるが、このアプリで紹介できるのは、なんと動物のキリンとなっている。

恐らく、現実に存在しないものなどより、実物大のキリンなどが召喚される方が、感動や体験として面白いと考えたのではないかと思われる。

記事内に紹介している動画をみるとわかりますが、実際に、召喚したキリンは実物大なので、部屋には入り切らず、部屋の天井が突き抜けるシーンがあります。

記事:家の中でキリンを召喚できる! HoloLensアプリ「HoloGiraffe」がリリース

Hololensアプリを何件か紹介したが、非常にユニークなものから実用的なものまで様々であります、今後さらに色々なアプリが配信されていくでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com