VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

HTC、『VIVE Tracker』の使用許可をVRアクセサリー開発会社に販売する計画を発表 - VR Inside

HTC、『VIVE Tracker』の使用許可をVRアクセサリー開発会社に販売する計画を発表

        2017/01/22

htc-vive-logo-1000x583

HTC社が、『VIVE Tracker』の使用許可をVRアクセサリー開発会社に販売するという計画を発表した。

VIVE Tracker』とは

vive_tracker_img_1___flat

VIVE Tracker』とは、2017年1月初頭に開催されたCESでHTC社が発表したデバイスで、このデバイスの中にはVIVEのトラッキングシステム「Lighthouse」が組み込まれている。

この『VIVE Tracker』は、コントローラーなどサードパーティの区分されるVRアクセサリーに取り付ける事が可能で、取り付けるとトラッキング機能が作動し、現実世界での動きをVR内で再現する事ができるようになる。

なお、VRアクセサリーであれば、銃やグローブ、バットなど、どんな形のコントローラーでも『VIVE Tracker』を取り付けられるとのことであるが、『VIVE Tracker』に対応できるように製作しなければならないだろう。

VIVE Tracker』とは
http://vrinside.jp/news/htc-vive-vr-motion-tracker/

トラッキングシステム「Lighthouse」とは
http://vrinside.jp/news/htc-vive-lighthouse-license-free/

今回のHTC社の発表は、この『VIVE Tracker』を組み込んで良いという、公式認可をVRアクセサリーのメーカーに販売するという計画を考えているというもの。

公式認可の販売について

計画の詳細はまだ決定されていないが、計画の一つとして、使用の公式認可を得たVRアクセサリーは、HTC社が発行する公式のバッジのようなもの「Vive Ready」を付けるという。

そのバッジが製品に直接貼り付けられるのか、製品の広告に貼り付けられるのかの区分はされていないが、『VIVE Tracker』を使用している事が認識されるようになるという。

この事について、HTC社のChina Regional PresidentであるAlvin Wang Graylin氏がCES 2017で以下のように語っている。

「『VIVE Tracker』が使用されている事が認識されるからこそ、何千という数の『VIVE Tracker』を世界中に送り出せるのです。

そして、『VIVE Tracker』を得た会社とは、その会社が取り付けたいと考えている製品が市場に送り出される前に、『VIVE Tracker』と接続できるか、その確認作業を行っていきます。」

vive_tracker_img_2___side

計画の進行状況まとめ

・販売日未定

・価格未定

・公式認証を得るための基準や必要事項未定

・購入した会社が「取り付けたい」と考えている製品との接続性の確認作業は行う。

・詳細は、『VIVE Tracker』の発送が始まる2017年第二四半期後に発表予定

新たな情報が入り次第、VR Insideが提供していく。

参照:roadtovr
URL:http://www.roadtovr.com/htc-plans-to-certify-accessories-approved-for-use-with-vive-tracker/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Kawasaki

Writer: 1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。