VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

HTC、「U」をあしらった謎のロゴをツイート!CES 2017での重大発表の前ぶりか? - VR Inside

HTC、「U」をあしらった謎のロゴをツイート!CES 2017での重大発表の前ぶりか?

   

HTCは、2016年12月20日、「U」をあしらったロゴをツイートした。

20161221_htc_1

上に画像で示した謎のロゴには、「for」という単語と「2017年1月12日」と解釈できる文字も含まれていることから、同社が2017年1月12日にユーザーに対して(for you/user)何らかの発表あるいはリリースを行うのではないか、と推測できる。

上記の期日は、折しも2017年が明けてからの最初のテック系ビックイベントであるCES 2017(2017年1月5日から8日、アメリカ・ラスヴェガスで開催)に極めて近いことから、同イベントにおいてサプライズな発表をした後に、上記の期日で何かをリリースするという流れも考えられる。

では、一体何が発表されるのか。ヒントとなるのは、同ツイートに対するリツイートだ。というのも、リツイートしたのがHTC VIVEだからだ(下のリツイート参照)。

リツイートでは「ゲーム、医療、企業、小売り業、教育、そしてその他のコンテンツを開発することによって、みなさんがご存知のようにHTC Viveは世界を変えていきます」、と述べられている。

多くのプロダクトを製造している同社のツイートに対して、VIVEだけがリツイートしているという事実から、少なくとも上記の期日に前後してVIVEに関連した重大発表があると考えるのが自然だろう。

海外メディアVRFocusは、同ツイートおよびVIVEの最近の動向を考慮して、ふたつの可能性を指摘している。

ひとつめの可能性は、VIVEの新型コントローラーの発表だ。新型コントローラーは、2016年10月に開催されたSteam Dev Daysにおいて、そのプロトタイプが披露された。同プロトタイプは、既存のコントローラーに比べてより人間工学を意識した「手になじむ」ようなデザインとなっていて、Oculus Touchのライバル・デバイスに相応しいものとなっている(下のツイート参照)

もうひとつの可能性は、モバイル型VRヘッドセット市場への参入だ。

VIVEはその高額さから売上げが伸び悩んでいるという噂もあるので、より安価なモバイル型VRヘッドセットをリリースしてユーザーを囲い込む、というビジネス戦略は十分に想定できるものだ。

いずれにしろ、2017年は年明け早々にVR業界で大きな動きがあるのは間違いないだろう。

HTCの「U」をあしらったロゴのツイートを紹介したVRFocusの記事
https://www.vrfocus.com/2016/12/htc-teases-upcoming-announcement-for-u/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事