VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

HTC、Viveのワイヤレスアップグレードキットを発表 - VR Inside

HTC、Viveのワイヤレスアップグレードキットを発表

     

HTCが、TPCASTが制作したViveのワイヤレスアップグレードキットを発表した。

tpcast

キットのプレビューバーションが中国の深セン市のショッピングフェスティバルで披露された。

下の動画はHTC、Viveの中国地区プレジデントのAlvin W. Graylin氏がアップグレードキットを使っている映像だ。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=vYMzuvjBbN4&w=560&h=315]

Graylin氏によれば、ラテンシーなどには差はないが、ワイヤーがないことで、VR体験が格段に向上する。

予約が開始される当初はスタンダードバッテリーしか用意されていないが、より大きいサイズのバッテリーが今後追加発売される予定だ

スタンダードは1時間から1時間半のバッテリー寿命となっている。大きい方についてはまだ明らかになっていない。

HTCはViveユーザーはもちろん、ビジネスでの使用や、同社が最近力を入れているアーケードでも、他の人とケーブルが絡まる心配をすることなく使えるとして、ワイヤレスヘッドセットの活躍を期待している。

アップグレードキットはViveの中国サイトで数量限定、価格は$220.33で予約開始となる。

予約受付はパシフィックタイムの今週金曜7:00 amからだが、実際の配送は2017年上旬となる。

プレスリリースの情報によれば、オーダーはシリアルナンバー情報を持っている、すでにViveヘッドセットを購入している人から優先となるそうだ。

Graylin氏はキットがローカルショップでリリースか、このテクノロジーが次期モデルに統合されるかなどはまだわからないと答えている。

PCベースのワイヤレスVRはモバイルフォンを使ったもの、完全に独立したシステムを持つものに加え、ワイヤレスヘッドセットとしては三つめのオプションとなる。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/htc-vive-wireless-kit/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。