VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

日本国内に特化した、VR業界マップ「2017 Japan VR Industry Landscape」を公開 - VR Inside

日本国内に特化した、VR業界マップ「2017 Japan VR Industry Landscape」を公開

     

「VR元年」と言われた2016年から2017年になり早くも1ヶ月が過ぎました。

先日は、2016年の振り返りと2017年のこれからを、業界のキーマンと共に切り込む「VRI Meetup Tokyo #1」を開催し、さまざまな視点から意見がやりとりされました。

2016年は、VRで儲けることができると踏んだ参入社に整理がかかり、VR関係者の振るい落としがされ、一年で、正しく技術力や体力がある人たちだけが残り、VRデバイスの普及がまだまだ足りないが、VR市場への投資は確実に進んでいる。

ただ、各コンテンツ提供社は、なかなか売上を作ることに苦戦しており、全世界で売れる事が課題である。

2017年は、まだまだ助走の年になりそうな雰囲気で、更に今年は振るいが掛かると予測される。

今回、そんな2017年現在のVR業界MAPを「VRInside編集部」で構成してみました。

海外の業界MAPは、ファンド系が発信しているものが多く、サービス名は含まれず企業名で構成されるものが多いです。

そこで、あくまでも日本のVR企業視点・サービスで紹介するべきか・企業で紹介するかをカテゴリーで精査、表示名などもシンプルに日本語で表現し、完全に日本国内向けに作成しました。

170207_Spicy_VR_map_ol

画像ファイルとして保存頂きご利用ください。

本、「2017  Japan VR Industry Landscape」は、ご自由にご活用頂ければ幸いです。

今後、業界に変動がでるタイミングなどで、「2017  Japan VR Industry Landscape」は、随時バージョンアップして参ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら