VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

【JVRS2】ThunderSoftの独自開発によるVR OSベースのVRプラットフォームが自社HMDの開発を加速させる

   

dsc03439

ThunderSoftは、高性能なハードウェアと独自に開発したOSを組み合わせたVRソリューションを開発し、それを基にしたプラットフォームを提供しています。

dsc03434
コアボードのSoCには最新のSnapdragon 820を採用。AndroidをベースにしたVR OSにはランチャー、シネマ、ストアなどの基本的なアプリケーションが統合されています。

dsc03436
モーションジェスチャーで操作している様子。試作機はモーションセンサーが露出していますが、内蔵した製品を開発しているとのこと。

dsc03438
Thunder VR AIO HMDをベースにすることで、自社のHMDを短期間で開発することができ、ハードウェアやソフトウェアのカスタマイズにも柔軟に対応できます。写真のHMDはThunder VRがベースになっている製品です。

dsc03440
VRソリューションのターゲット層はメーカーや開発者です。これらをベースにして、Thundersoft VR SDKを使って開発された製品が今後出てくると思います。

Thundersoft

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

あさひな

Writer: 様々なデジタルデバイスを買い漁るガジェッター。多くのガジェットに触れてきた経験を生かしてライターとしても活動中。運営している「NEWSTALKER」では、気になるニュースをピックアップしたり、ついついポチってしまったガジェットをレビューしています。

 関連記事