VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Kaleidoscope、次世代VRプロジェクトが見れるVRイベント「First Look」を開催! - VR Inside

Kaleidoscope、次世代VRプロジェクトが見れるVRイベント「First Look」を開催!

     

VRクリエーター、ファウンダーのためのコミュニティプラットフォーム、Kaleidoscopeが100以上のVRゲーム、ビデオ、プロジェクトが集まる2日間のVRショーケースイベント「First Look」を開催することを発表した。

First Look

First Look

First Lookはインダストリーリーダーが新しいVRプロジェクトを発見し、サポートする機会を提供するためのイベントで、VRフィルム、ゲーム、コンテンツなど制作中で、プリセール、パートナーシップが可能なVRプロジェクトを発見、またはライセンシング、配信、展示の準備がととのっているタイトルが100以上見ることができる。

クリエーターは自分のプロジェクトの支援を募集する機会が得られる。

参加人数は200人限定で、公式ウェブサイトにてサインアップが必要になる。

イベントはアメリカ、ロサンゼルスで、9月20日と21日の2日間にかけて開催される予定だ。

現在Funktronic Labs, House of Secrets, Tender Claws and Marshmallow Laser Feastが参加することがわかっている。

参加スタジオ紹介

● Funktronic Labs:

Funktronic LabsはSci-Fiテーマのターンベースでリアルタイムアクションが楽しめるアドベンチャーゲーム「Nova-111」とコスモボットを操りエイリアンと戦う、ファーストパーソンストラテジーゲーム「Cosmic Trip」など、ポップなアニメーションが特徴のVRゲームを制作しているスタジオだ。

● House of Secrets:

House of SecretsはVRミュージックビデオ「Surge」など3Dアニメーションを主tに制作アムステルダムが拠点スタジオだ。

● Tender Claws:

Tender Clawsは2015年にAppleのトップ25アプリに選ばれた「PRY」を制作したカンパニーで、最近ではVR、AIをテーマにしたSci-Fiゲーム「Virtual Virtual Reality」をリリースしている。

● Marshmallow Laser Feast:

Marshmallow Laser Feastは動物の視線で自然を体験する感覚型VRコンテンツ「ITEOTA」などを制作しているVRスタジオだ。

Kaleidoscopeについて

KaleidoscopeはVRクリエイターとファウンダーのコミュニティで、プロジェクトに資金が必要なクリエーターと新しいVRプロジェクトをいち早くみつけ投資したいというインダストリーリーダーとの関係をつなぐ支援をしている。

2014年の設立以来、オリジナルVRプロジェクトの投資を$3000000(約 3億3000万円)以上サポートしてきた。

インダストリーリーダー

次世代VRプロジェクトのライセンス、パートナーシップを探している、VRパブリッシャーなどのインダストリー関係者は月/$199(約 22100円)でKaleidoscopeのメンバーになることができる。

新しい発見:

現在制作中の新しいVRフィルム、ゲーム、コンテンツをいち早く見つけ出しパートナーシップやプリセール

プロジェクトカタログにアクセス:

ライセンス、配信、ロケーションベースの展示の段階まで準備ができているVRプロジェクトのカタログにアクセスできるようになる。プロジェクトは増え続けている。

ネットワーク:

限定100人だけのメンバーでKaleidoscope限定のトップVRクリエーターとインダストリーリーダーネットワークに参加できる。

プライベートイベント:

新VRプロジェクトのデモンストレーションが行われるプライベートイベントに参加でき、アーティストとの交流が築ける。

ホワイトグローブサービス:

ホワイトグローブサービスとは丁寧で細かい最高級のサービスという意味。
カスタムキュレーション、コンテンツのピックアップ、パーソナルイントロダクションなど、Kaleidoscopeメンバーでしか受けられない丁寧なサービスが受けられる。

アーティストのサポート:

メンバー費の一部がさまざまなバックグラウンドから集められた独立したアーティストをサポートしている。

VRクリエーター

VRプロジェクトを提出し、認められたプロジェクトはKaleidoscopeのネットワークでファンディングソース、フェスティバルキュレーターなどにプロモーションされる。

クリエーターのメンバーシップは無料だ。

資金募集:

自分のオリジナルVRプロジェクトの制作資金をKaleidoscopeの厳選されたファンディングパートナーのネットワークから募集できる。

プロジェクトディールの確保:

デジタル配信や展示会イベントなど、VRパブリッシャーとプラっとフォームからのライセンスディールを確保できる。

ネットワーク:

限定100人だけのメンバーでKaleidoscope限定のトップVRクリエーターとインダストリーリーダーネットワークに参加できる。

プレゼンテーション:

Sundance、Tribeca、SXSW、SFMOMAなどメジャーなイベントで、フェスティバルプログラマーとミュージアムキュレーターを相手にプロジェクトを披露することができる。

サポート:

Kaleidoscopeは制作中のプロジェクトへのフィードバックなど、VRクリエーターのニーズに合わせたサポートを提供している。

参照元URL: https://kaleidoscope.fund/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。