VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

備えは体験から!防災VR火災編に続き、『防災VR/地震編』提供開始 - VR Inside

備えは体験から!防災VR火災編に続き、『防災VR/地震編』提供開始

   

株式会社アイデアクラウドは、防災イベントや防災教育などでの利用が想定される、「防災VR」火災編に続き、の新ラインナップとして「防災VR/地震編」の提供を開始した。

works06

「防災VR/地震編」

「防災VR/地震編」は、地震発生から避難までの流れを体験できるVRコンテンツである。
地震が発生した際の初期行動と、揺れがおさまった後の避難の体験、あわせて、余震への対処なども体験する事ができる。

[体験の流れ]
1.ランダムで突如部屋が揺れる
2.揺れが強くなると、本などが落ちたり、棚が倒れる
3.落下物や棚に当たらないよう、机の下に潜り身を防ぐことができる
4.揺れが収まる
5.余震に注意して避難路を確保し、避難する

「防災VR/地震編 for Instant」
「防災VR/地震編 for Instant」は、地震発生時の対処を60秒で体験できるVRコンテンツ。

[体験の流れ]
1.体験時間60秒の間で、突如部屋が揺れる
2.揺れが強くなると、本などが落ちたり、棚が倒れる
3.落下物や棚は避けないと当たってしまう
4.机の下に頭を隠すと、当たるのを防ぐことができる

「防災VR/地震編 for Kids」
「防災VR/地震編 for Kids」は、地震の恐ろしさと机の下に隠れるなどの身を守る行動の重要性を体験できる啓蒙的なコンテンツで、子どもでも体験できるように、単眼のVRHMDに対応している。

[体験の流れ]
1.部屋の中心からスタートし、部屋が揺れる
2.落ちてくるものや棚に当たってしまう
3.続いて、机の下からスタートし、同様に部屋が揺れる
4.机の下では、落下物が身体に当たらない事が体験できる

091d4f4dd2

防災VR/地震編サイト

防災VR/火災編サイト

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

VRInside編集長 村山章

Writer: モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

 関連記事