VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

レコチョク、「AWS Summit Tokyo 2017」にて180°VRライブ配信デモを実施 - VR Inside

レコチョク、「AWS Summit Tokyo 2017」にて180°VRライブ配信デモを実施

     

VRブースを「AWS Summit Tokyo 2017」にて出展

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:加藤裕一、以下レコチョク)は、アマゾン ウェブ サービス(AWS) ジャパン株式会社が開催する「AWS Summit Tokyo2017」にてVR(ヴァーチャル・リアリティ)体験ブースを出展、180度VRライブ配信も実施することを発表した。

VRブースを「AWS Summit Tokyo 2017」にて出展

「AWS Summit Tokyo」は、品川・グランドプリンスホテル新高輪で開催、さまざまな企業の最新クラウド導入事例やAWS クラウドの最新技術トレンドを紹介する無料クラウドカンファレンスで、世界各国で開催される「AWS Summit」の中でも最大規模を誇るイベントだ。

昨年は延べ13,000 名以上が来場したということだ。

【VR体験ブース】「レコチョク・ラボ」、180度VRライブ配信のデモを実施

5月31日(水)から6月2日(金)までの3日間、ブースでは、レコチョクの研究開発機関である「レコチョク・ラボ」が制作・監修したVRコンテンツの一部を紹介するという。

また、都内ライブスペースと中継し、パフォーマンスユニット「COJIRASE THE TRIP(こじらせ ざ とりっぷ)」のメンバーによるダンスのVRライブ配信デモを行うとのことだ。

ブースでは、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着すると、目の前で踊っているかのようなライブ×VRの新たな体験が楽しめるということだ。

「COJIRASE THE TRIP」は、YouTubeチャンネル総再生回数が 1,650万回オーバーの「みうめ」をリーダーに、ニコニコ動画の「踊ってみた」で人気の踊り手7人で結成、現在、さまざまなシーンでの活躍が期待されている注目のユニットだという。

ブースでは、1回15~30分程度のパフォーマンスを毎日2~3回ライブ配信するという。

HMDでVR映像として視聴できるほか、会場のディスプレイでも見れるとのことだ。

会場内限定のクローズドなデモ配信だが、後日、撮影したVR動画もレコチョク・ラボのサイトにて公開予定だということだ。

「レコチョク・ラボ」VRライブ配信について

http://recolab.jp/vr/live/

【基調講演】国内音楽配信サービスでは初となる全システムをクラウド環境(AWS)へ完全移行、その後の姿とVRの事例を紹介

また、5月31日(水)に開催される基調講演では、AWSクラウドを活用している企業4社が「Digital / ITによる変革」をテーマに事例を紹介するという。

同社執行役員CTOである稲荷幹夫氏も登壇し、既存システムのオンプレミスからクラウド環境(AWS)への全システム完全移行、およびVRの取り組みについて紹介するとのことだ。

同社は、サービスの多様化に伴う柔軟かつスピーディーなシステム構築とコスト削減を目指し、2014年4月よりAWSへの移行に関する社内プロジェクトを立ち上げ、2016年4月迄にコアとなるシステムの移行を完了、2017年3月末に全面移行が終了したという。

なお、本移行作業は全て自社エンジニアが対応したとのことだ。

国内の音楽配信サービスで、各配信サービスの「Webアプリケーション」、決済、検索、会員情報といったバックエンド、配信基盤など全レイヤーをクラウド環境へ完全移行した企業は同社が初めてだという。

レコチョクは2001年創業、2002年12月よりフィーチャーフォン向けに世界初となるサービス「着うた(R)」を開始、以来、スマートフォンの台頭、マルチデバイス化など事業環境の変遷へ対応したサービスを提供してきた。

近年では定額制ストリーミング配信、協業によるサービスなど事業の多様化、楽曲数増加や動画・ハイレゾ音源などデータサイズ増などにより、データ総量の正確な予測が難しくなってきたという。

また、新規サービスなど、ビジネス拡張に向けたコスト最適化も考慮し、インフラを必要な分だけ利用するパブリッククラウドへの移行を決定。

AWSという最先端の技術の集合体を導入したことで、現在、サービスリリースの短縮化も実現しているという。

同社は、今後も音楽ファンの皆様、アーティストの皆様のために、音楽が持つ付加価値を見つけ、最先端のIT技術を駆使し、音楽市場の活性化に向けた多様なサービスを展開していくとのことだ。

【AWS Summit Tokyo 2017】

http://www.awssummit.tokyo/

主催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

会場:グランドプリンスホテル新高輪 (飛天)

*来場には事前申し込みが必要。(無料)

■Day2 基調講演(キーノート)「Digital / ITによる変革」

日時:2017年5月31日(水) 10:00~11:30

レコチョク登壇者:執行役員CTO 稲荷幹夫氏

■VRブース出展、VRライブ配信デモ実施

期間:2017年5月31日(水)~6月2日(金)9:00~18:00

http://recolab.jp/vr/live/

※公演ごとにパフォーマンスを行うメンバー・人数などが変わる。

※公演中のHMDでの視聴は、台数に限りあり。

※撮影したVR動画も後日公開予定。

COJIRASE THE TRIP(こじらせ ざ とりっぷ)について

2015年9月、歌と踊りとお芝居をファンシーな世界観で表現していく7人組パフォーマンスユニットとして活動をスタート。

テーマパークに遊びに来たかのような楽曲を中心に、時には楽しく時には激しくパフォーマンスを繰り広げる。

歌詞や振付はみうめを中心にメンバーが考えており、それぞれに意味があるらしいが今は謎のまま。

これから7人が何を伝え、何を表現していくのか・・・物語はまだ始まったばかりである。

http://cojitri.tumblr.com/

COJIRASE THE TRIP

レコチョク・ラボ

http://recolab.jp/

株式会社レコチョクの次世代のサービスや音楽マーケット創造に向けた研究開発機関である。

東京と米・西海岸に拠点を置き、次代の音楽マーケット創造に貢献すべく、また、海外の先進ビジネスモデルの調査・分析を行うとともに、異業種及び教育機関等とパートナーシップを組みながら、VRコンテンツ制作やAI開発などを行っているということだ。

ロゴ

※会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標。

参照元:ニュースリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当