VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

アップル幹部、新生Mac ProはVR Ready PCになることを示唆か? - VR Inside

アップル幹部、新生Mac ProはVR Ready PCになることを示唆か?

        2017/04/25

海外メディアUploadVRは、2017年4月5日の記事において、アップル幹部のMac Proに関する発言を報じた。

20170406_macpro_1

同メディアは、2017年4月4日、2018年に発売予定の新生Mac Proに関するTechCrunchのインタビュー記事のうち、VRに言及された箇所を抜粋して紹介した。

アップルが販売しているMacシリーズのなかでハイエンド・モデルにあたるMac Proが、設計を一新して2018年に新モデルをリリース予定であることは、すでに国内外のメディアが報じている通りである。

海外メディアTechCrunchは、アップル社ソフトウェア・エンジニアリング部門のシニア・ヴァイス・プレジデントCraig Federighiに、新生Mac Proに関してインタビューを行った。

そのインタビューにおいて、現行Mac Proより画像処理能力が高いモデルを欲しがっているユーザーとしてどんな想定をしているか、という質問を尋ねたところ、同氏から以下の回答がえられた。

科学技術計算のなかにはGPUを集中的に使うものもあり、そうした計算をしている科学者は、自分たちがその時に使える最高のGPUを使いたがるものです。

また、3D画像アプリや重い画像処理というものも想定できます。そして、そうした画像処理として、VRとハイエンドな映画の製作作業といったものが考えられます

同社は、現時点ではVR関連のデバイスをリリースしていない。また。同社CEOティム・クック氏は再三ARへの傾倒を公言しており、実際ARグラスを開発中と伝えられている。

こうした状況下において、今回のFederighi氏のVRに言及した発言は、アップルは決してVRに関して何の取り組みもしていないわけではない、ということを示唆しているのであろうか。

かりに新生Mac ProがVR Ready PCとしてリリースされたことになったとしても、Macシリーズ全体のほんの一部がVR対応となることにしかならない。そして、多くのMacユーザーにとって、プロ仕様のMac Proは必ずしも購入の対象となるわけでもない。VRを楽しむだけならば、VR RreadyなWindows PCを購入した方が、出費を抑えられる。

とはいえ、アップルがVR対応するかも知れないというニュースは、ユーザーに夢を見せてくれる。新生Mac Proに関しては、リリース時期が近づけば、続報を知ることになるであろう。

アップル幹部の新生Mac ProがVR Ready PCになることを示唆した発言を報じたUploadVRの記事
https://uploadvr.com/apple-drops-hint-vr-ready-mac-pro/

上記記事のソースとなっているTechCrunchの記事
https://techcrunch.com/2017/04/04/apple-pushes-the-reset-button-on-the-mac-pro/

追記

アップルはVRには、余り肯定的ではなく、ARを推奨しているのは、既に誰もが認識している事実である、ただ実際にARやVRのサービスやプロダクトなどの動きは明確に発表されていない。

そんな中、先日Facebookから、ARカメラアプリを開発するためのプラットフォーム「Camera Effects Platform」のリリースが発表された、デジタルとリアルな世界のを融合を行うテクノロジーは、カメラを利用した、画像合成技術と考えているようで、Facebookは、このようなARカメラ技術に関するプラットフォームを提供することで、ARカメラアプリに関するプラットフォーマーになっていく事を目指しているのではないかと感じるような意図が感じる事ができる。

Facebook、ARカメラプラットフォーム「Camera Effects Platform」をリリース

Facebookは、Oculusと共に進めるVR市場での存在感は、中心的な位置につけており、今回の発表で実質的にAR事業への参入及び、市場作りを加速すると発表したようなものである。

その中で、沈黙を守るアップルに関するニュースは、どのようなものがあるのか紹介してみたいと思います。

アップルのARメガネ、製品が登場するのは1年以上後?

Appleが現在開発していると噂のARメガネだが、そのリリースは1年以上先になりそうだいう情報があります。

アップル、iPhoneにまずAR技術を導入かー将来的にARメガネも登場?

アップルがiPhoneへのAR技術の導入と、将来的なARメガネ製品を計画していると報じられている。ARメガネ開発で協力するのはドイツのカール・ツァイス。

アップル、新たにARデバイスとARアプリの特許を取得。目指すはHololensを超えるスカウター?

AppleはARに関するふたつの特許を取得した。ひとつはAGグラスの特許で、現実世界にリアルタイムにAR情報を付加するという機能を持っている。

今後のアップルのVR・ARへの動きには注目して行きたいと考えます。

追記:VRInside編集長 村山

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com