VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Morph 3D、3Dアニメーションアバターシステムを発表 - VR Inside

Morph 3D、3Dアニメーションアバターシステムを発表

   

Morph 3Dがサンフランシスコで行われたVRイベントVRDCで、開発している3Dアニメーションアバターシステムを発表した。

morph-3d

このアバターシステムではHTC Viveヘッドセットを使い、Ready RoomというVR空間でVRアバターをカスタマイズができる。

現在400のキャラクターが用意されており、体系などを好きなようにカスタムでき、この制作したアバターはまざまなアプリケーションやVRプラットフォームで使用できる。

morph-3d

一番最初のカスタマーとなるのはSecond LifeクリエーターのPhilip Rosedale氏が設立したHigh Fidelityという会社で、Morphのアバターをそのたバーチャルスペースで使用できるように開発している。

VRアバターはDaz 3Dのメンバーによって何年も前から作られている何千個というアプリアバターも含まれる。

Daz 3Dとはアニメーションマーケットプレイスで、アーティストがかれらのキャラクターをゲーム開発者などのカスタマーに売ったりすることができる。

Morph 3DはDaz 3Dから独立したブランドではあるが、マネージメントチームは両方の会社でシェアされている。

Morph-3D

Unityゲームエンジンと一緒に使えるようになっているため、さまざまなVRゲームやアプリでカスタムしたアバターが使用できるようになっている。

VRDCで公開されたデモでは、Morph 3Dのアバターが他のVRゲームやアプリで使える一例として、Ready Roomで作ったアバターを一つのアプリケーションからHigh Fidelityのワールドに変換される様子を披露していた。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/morph-3d-debut/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

kaho

Writer: ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

 関連記事