VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

モトローラ製スマホ「Moto Z」、OSアップグレードによりDaydream Readyスマホに! - VR Inside

モトローラ製スマホ「Moto Z」、OSアップグレードによりDaydream Readyスマホに!

   

海外メディアengadgetは、2016年11月22日の記事において、モトローラ製スマホがDaydream Readyとなったことを報じた。

20161122_motoz_1

同メディアによると、かねてよりOSアップグレードが予告されていたモトローラ製スマホ「Moto Z」と「Moto Z Force」がAndroid OS「Nougat」(Android 7.0)にアップグレードされたことにより、Daydream Readyスマホになった。

上記両スマホのOSアップグレードは予告では2016年内と告知されていたが、このほど実行されたことにより、2016年11月中にDaydream ViewおよびDaydream対応コンテンツを両スマホで使えるようになった。

現時点でDaydream Readyであるか、あるいはDaydream Readyになる予定があるスマホは、Googleが開発したGoogle PixelとPixel XL、HuaweiのMate 9 pro、そしてこのほどDaydream ReadyとなったMoto ZとMoto Z Forceの合計5機種である。

海外メディアrecodeは、今月GoogleのVR部門幹部にインタビューしたところ、来年開催されるCES 2017とMobile World Conngress 2017でVRに関して何らかの発表をすると発言していることから、近い将来さらにDaydream Readyスマホが増えることが予想される。

2017年には、日本国内でもDaydream Readyスマホが登場するかも知れない。

参照元URL:https://www.engadget.com/2016/11/21/moto-z-phones-nougat-update-daydream-vr/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

 関連記事