VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

任天堂アメリカ経営トップ、「VRはそれがメインストリームになったら対応」と発言 - VR Inside

任天堂アメリカ経営トップ、「VRはそれがメインストリームになったら対応」と発言

        2016/10/05

任天堂アメリカ経営トップは、2016年のE3開催中に行われたインタビューにおいて、「VRはそれがメインストリームになったら対応」と発言した。

20160620_nintendo_1

任天堂アメリカの経営トップであるFils-Aiméは、2016年のE3開催中にアメリカ大手メディア•ブルームスバーグが行ったインタビューにおいて、任天堂は「VRがメインストリームとなるポテンシャルを発揮したとき、VR市場に参入するだろう」と発言した。

インタビューでは「われわれは、(VRという)次世代のコンテンツが大きな市場となり、参入しやすくなることを確信したいのだ」と続けて、慎重な態度を示した。

Fils-Aiméによれば、現在のVR市場はそのポテンシャルをまだ十分に発揮しておらず、任天堂としてはユーザーがVRコンテンツを「ちょっとした娯楽」ではなく「多くの時間を投資できるもの」と考えるようになるまで市場を注視したい、とのこと。

バーチャルボーイ

バーチャルボーイ

Fils-Aiméもインタビューで言及しているように、任天堂とVRテクノロジーの関係は、1995年に発売されたメガネ型ゲームデバイス「バーチャルボーイ」まで遡ることができるほど意外に古い。

最新のVRテクノロジーと任天堂の関係を示すデバイスには、次世代ゲーム機として開発されている「NX」がある。

NXは、2015年3月17日にDeNAと任天堂が実施した共同記者会見において、新ゲームプラットフォームとして発表されたゲーム機であり、この発表の時点ではVRに関する言及はとくになかった。

その後、2016年2月2日、任天堂の君島達己社長は同日開催された2015年4〜12月期(第3四半期)の決算後に行われた記者会見の席上で、Oculus RiftをはじめとするVRデバイスを「興味深い技術」と述べて、今後は任天堂としてもVR技術の研究を進めていく方針を示した。

そして、2016年6月2日、台湾メディアDigiTimesは、NXはVR対応デバイスになると(憶測の域を超えないが)報道した。

現時点でわかっているNXの発売日が2017年3月であり、この時期にはPlayStationVRもリリースされており、2016年のクリスマス商戦も終えて「VR市場のポテンシャル」も明確になっているはず。

いずれにしろ、今年のクリスマス商戦がVR市場の天王山となるのは間違いない。

参照元URL:http://uploadvr.com/nintendo-will-support-vr-point-can-mainstream/

任天堂の君島達己社長がVR技術の研究を進めると発言したことを報じる記事
http://market.newsln.jp/news/201602022206000000.html

NXがVR対応になると報じたDigiTimesの記事
http://www.digitimes.com/news/a20160530PD201.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com