VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Oculusが2度目のRift価格引き下げを発表 - VR Inside

Oculusが2度目のRift価格引き下げを発表

     

Oculus Riftの新パッケージ

Oculus RiftとTouchを含む新しいパッケージ

OculusはSummer of Riftキャンペーンの一環として、6週間限定でOculus RiftとTouchのセットを5万円という価格で提供している。

この大幅な値下げによって話題となっているOculusは、RiftとTouchのセット価格をセール終了後に引き下げることを発表した。

現在の価格よりは高くなるが、セール開始前よりも100ドル安い500ドルになる予定だという。

Oculus Rift価格の変遷

399ドルで販売されるRift

Riftを大きく値引きするOculus

発売から最初の価格改定まで

HTC ViveとともにPCベースのヘッドセットの代名詞的存在になっているOculus Riftだが、OculusがRiftを発売したのは昨年のことにすぎない。

さらに言えば、ハンドトラッキングコントローラーのOculus Touchに至っては昨年の12月に発売されている。それまでは、Oculus Rift用のVRゲームを操作するためにXboxのゲームパッドが使われていたのだ。

この頃、Oculus Riftは日本価格で83,800円、Oculus Touchは23,800円だった。オプションとなる追加のセンサーも9,800円で、全て購入すれば11万円でも足りなかったのだ。

3月の値下げ

もちろん2016年の夏やホリデーシーズンにもセールや各種キャンペーンは行われていた。しかし、Oculus Riftが購入しやすいVRヘッドセットになったのは今年の3月に最初の値下げが行われてからのことだ。

それまではTouchとセットで購入すると、ハンドトラッキングコントローラーを同梱したHTC Viveとほぼ同じ値段だった。

Oculus Riftは63,800円へと2万円の値下げ、Oculus Touchは12,800円へと11,000円の値下げ、さらに追加センサーも7,800円に2千円の値下げが行われている。

追加センサーまで全て購入しても発売時のRift単体と変わらない価格になり、HTC Viveに比べて手頃なVRヘッドセットとなった。

Summer of Riftのセール

価格改定から4ヶ月が経った今月、夏のキャンペーンの中で期間限定価格が発表された。

Oculus RiftとTouchが含まれるこの新しいパッケージは、6週間の期間限定ながら5万円で販売されている。

価格面でHTC Viveを大きく引き離すだけでなく、PSVRと並ぶ(あちらはハンドトラッキングコントローラーが同梱されていないことを考慮すれば超えるとも言える)インパクトのある価格だ。

セール後の新価格

Oculus RiftとTouchのセット

新しいパッケージではOculus Touchが同梱される

現在は399ドル(日本では5万円)で販売されているOculus RiftとTouchのセットだが、セール期間の終了後には499ドル(5.6万円)になるという。

セールが始まる前には599ドルで販売されていたので、現在のセールが終わったとしてもセール前より100ドル安くなる。

同梱されないゲームパッド

OculusがRiftを発売したとき、まだOculus Touchは存在しなかった。そのため、VRゲームを操作するためのコントローラーとしてOculus RiftにはXboxのゲームパッドが同梱されていた。

Oculus Touchの発売後も変わらずRift本体にはゲームパッドが同梱されていたが、ほとんどのユーザがOculus Touchも購入するようになっていた。

新しいパッケージで、ついにOculusはRiftにXboxのゲームパッドを同梱するのをやめたようだ。このパッケージにはOculus Touchが同梱されるため、ゲームパッドは必要ない。

とはいえ、既に持っているゲームパッドを利用したり、別で購入することは可能だ。

また、Oculus Remoteもこのパッケージには含まれない。Remoteは簡単な操作しかできないリモコンだったので、Oculus Touchで代用できるという判断だろう。

無料のVRゲーム

このパッケージにはOculus Rift本体とTouchが含まれるだけでなく、無料のVRアプリケーション6本(『Lucky's Tale』『Medium』『Toybox』『Quill』『Dead and Buried』『Robo Recall』)も付属している。

VR映像のレンダリングが可能なゲーミングPCと新しいパッケージを購入すれば、すぐにハンドトラッキングコントローラーを使ってVRゲームを始めることが可能だ。

追加センサー

ほとんどオールインワンなこのパッケージだが、追加のセンサーは欠けている。

以前からオプション扱いとなっているこのセンサーは、VRゲームをプレイするために必須というわけではない。しかし、より高いトラッキング精度やルームスケールのVR体験を望むなら3つめのセンサーを追加で購入するのも良いだろう。

 

通常価格より2万円も安いセールで話題となっているOculus Riftだが、Oculusは期間限定の値引きだけでなく今後も続く価格改定を発表した。

現在の5万円という価格は確かに安いが、基本価格が下がることを考えると秋やホリデーシーズンのセールでも現在と同じかそれより安くOculus Riftを購入するチャンスがありそうだ。

慌ててRiftを購入しなくても、考える余裕はあるだろう。

 

参照元サイト名:Oculus Blog
URL:https://www.oculus.com/blog/rift-touch-now-available-in-a-new-all-in-one-bundle/

参照元サイト名:Upload VR
URL:https://uploadvr.com/oculus-permanently-slashes-rift-touch-bundle-price/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

ohiwa

Writer: ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。