VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

Oculus社、Reviveを使用不可にしていたDRM制限を最新アップデートで解除 - VR Inside

Oculus社、Reviveを使用不可にしていたDRM制限を最新アップデートで解除

        2016/10/05

Oculus社は、2016年6月24日にリリースしたOculus Riftのソフトウェアアップデートにおいて、Reviveを使用不可にしていたDRM制限を解除した。

20160627_oculus_1

Oculus社は、2016年6月24日のOculus Riftのソフトウェアアップデートにおいて、HTC社のVIVEからOculus Rift対応のVRコンテンツを起動できる非公認ツールReviveを使用できなくしていたDRM制限を解除した。

Oculus RiftのDRM解除は、Reviveの開発者コミュニティーにおいて検証されたことによって、確認された。

Reviveを使用不可とするDRM制限の導入は、その導入当初から開発者およびユーザーから不評であった。

DRM制限に関しては、Oculus社に出資している投資家のPalmer Luckeyも「ゲームを囲い込むことは望んでいない」と発言していた。

今回のDRM制限解除は、以上のような反応を対してOculus社が耳を傾けた結果、実施されたものと考えられる。

もっともOculus社は、DRM制限を導入した名目であった海賊版コンテンツ対策は続けると表明している。

参照元URL:https://www.engadget.com/2016/06/24/oculus-stops-preventing-vr-games-from-working-with-htcs-vive/

Revireの使用を確認したRevireコミュニティーのウェブページ
https://github.com/LibreVR/Revive/releases/tag/0.6.2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

吉本幸記

Writer: 千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com